GSK社の癌ワクチン

癌ワクチンの中でも女性が気になるのが子宮癌に効果があるとされるワクチンではないでしょうか。
GSK社の癌ワクチンは、中高生に対して公費補助が出るというニュースを聞いたことのある人も多くいるのではないかと思います。
加えて、9割程度が自然消滅するウィルスでもありますが、実際に年間1万人以上の人がこのタイプの子宮癌を発症しています。

癌ワクチン全体的にいえることですが、まだまだ研究段階のワクチンがほとんどで、長期的な効果というのはこれから研究が進むのではないかと思います。
このGSK社の癌ワクチンというのは、すでに発症した癌細胞を壊滅するのではなく、子宮がんを予防するためのものなのです。
子宮癌の予防につながるGSK社の癌ワクチン、必要と感じたら受けておきましょう。
では、成人の女性にこの癌ワクチンが必要かどうかということですが、これはその人の性生活によるのではないかと思います。

癌ワクチンの中でも子宮癌に有効なGSK社のワクチンですが、このHPV16型、18型というのは、性交渉によって感染します。
つまり、このGSK社のこの癌ワクチンは、その他のタイプのウィルスには効果がないのです。
また、このGSK社の癌ワクチンは、HPV16型と18型に限定されるため、効果がないのではという意見もあるようです。