Archive for 2月, 2013

臓器移植コーディネーター

また、臓器移植コーディネーターとは別に、医療機関に所属する院内コーディネーターが全国に約1500人います。そして、家族への説明や承諾の意思確認などを臓器移植コーディネーターが全て行うことになっています。あまり聞き慣れないかもしれませんが、臓器移植コーディネーターとは、移植において、提供者と移植者の間を調整する役割を持ちます。非常に専門的な仕事で、臓器移植コーディネーターは、ドナーの家族に説明をして承諾

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 28, 2013 at 11:39 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植の海外事情

いわゆる、第三者の善意での臓器提供がないと、臓器移植はできず、日本では、ドナーの絶対数が不足している状態です。また中国での臓器移植については、日本移植学会が倫理指針で、臓器売買にあたるとの指摘もしています。日本で臓器移植のために臓器提供を待っている人は、1万人以上いますが、移植を受けられる人は、年間で300人程度です。しかし、臓器移植が難しいのは、死後に臓器を提供してもいいという人がいないとできない治

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - at 8:39 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植のドナー

ドナーカードというのは、どこにでも置いているので、臓器移植に貢献したい人は、是非記入すべきです。ドナーカードというのは、臓器移植に際してとても大事なもので、自分が死んだ後、自分の臓器を提供するか否かを記載するものです。臓器移植において、重要な意味を持つドナーカードは、病院、市役所、保健所、郵便局、運転免許試験所などに置いています。一般的に、臓器移植のためのドナーカードは、15歳以上であれば、記入でき

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 27, 2013 at 12:36 pm

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植での倫理

脳死は人の死ではないという考え方を持つ人にとって、臓器移植は、倫理に反するものになります。どちらもが尊い命であることに変わりはなく、二人の命に軽重をつける臓器移植は、おかしな考え方と言えます。重篤な患者を愛する気持ちは尊いものですが、臓器移植をするにあたっては、倫理上、双方の愛に順位はつけられません。心拍のある脳死状態は個体死ではなく、そうした状態で行う臓器移植は、倫理上、許されません。脳死状態の

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - at 8:34 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植ネットワーク

きちんとした基準に基づいた適正で公平なレシピエントの選択を臓器移植ネットワークでは、取計らっています。そして、法的脳死判定と臓器提供の確認を臓器移植ネットワークが適性に行う役割を担います。臓器移植ネットワークは、移植の推進のため、移植に関して啓発活動を、積極的に展開しています。また、家族が提供の意思を示した患者が、脳死が推定される場合、臓器移植ネットワークは尽力します。日本で唯一の組織である臓器移

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 26, 2013 at 11:46 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植での拒絶反応

臓器移植に関しては、様々な問題が懸念されていますが、術後で一番心配なのが、拒絶反応という問題です。この臓器移植の拒絶反応を抑えるには、術直後に、タクロリムス、サイクロスポリン、ステロイドなどの免疫抑制剤を投与すると良いといわれています。臓器移植の際、リンパ球が、移植された他人の細胞を外からの異物と判断し、破壊しようとするから、拒絶反応が起こるのです。あるいは、臓器移植の際、放射線を照射し、リンパ球

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 25, 2013 at 11:50 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植の問題

しかし実際には臓器移植というのは、そうしたものではなく、死体から取り出した臓器は、移植には使えないのです。実際、脳死臓器摘出の実態は周知されていないのが現実で、そうしたことが、臓器移植の問題をより大きくしています。どうせ燃やしてしまうのなら、患者に臓器移植し、人の役に立てばいいというのが、そもそもの考えにあります。臓器提供本人が同意さえしていれば、脳死状態で臓器を摘出して、臓器移植をすることができ

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 24, 2013 at 11:56 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植に関する法律

臓器移植については、日本では色々と問題提起があるところで、まだまだ、解決するには至っていません。かなり難しい問題を抱えているが臓器移植ですが、実際、臓器の移植に関する法律というものが存在します。臓器移植の法律は、2009年の法改正により、2010年以降、親族に対しては、臓器を優先的に提供する意思を書面で表示できるようになりました。臓器移植の法律の特徴としては、脳死判定より先に、家族に臓器提供の意思があるか

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 23, 2013 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植と脳死

そこで問題になっているのが、脳死や、心停止後の臓器移植について、法律が定められていることです。基本的に、臓器移植といいうのは、働きが失われた臓器に対して、他人か臓器の提供を受ける行為に当たります。他の人から臓器提供を受け、臓器移植をすることで、臓器の機能回復を図ろうというものになります。臓器摘出が可能な死の時点は、脳機能の喪失ではなく、脳細胞の死滅を意味するもので、臓器移植との関連性が指摘されてい

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 22, 2013 at 11:42 am

Categories: 未分類   Tags:

臓器移植とは

もっとも、心臓以外は心停止後でも臓器移植は不可能ではないのですが、実際のところ難しく、その実績かありません。基本的に、臓器移植とは、臓器が再生不可能な機能不全の状態になった際、それを移植で治そうというものです。家族など生きている人からする臓器移植については、世界でも一番沢山行われている腎臓が有名です。ただ、臓器移植と言うのは、人間の尊厳にかかわるものなので、様々な問題提起がなされています。しかし、

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 2月 21, 2013 at 11:39 am

Categories: 未分類   Tags:

次ページへ »