Archive for 12月, 2012

延命治療の意思表示

それにより、家族も延命治療にかかる大きな費用負担のプレッシャーから解放されます。患者本人に意思能力がない場合などは、延命治療をするかどうかは、家族に委ねるのがベストです。延命治療を希望しないという国民が多い以上、後は家族に任せるか、意思表示カードに委ねるのが一番ということになります。家族が延命治療の意思決定をするのは、家族は、本人の意思表示を一番、よく知っているからです。確かに延命治療というのは、

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 20, 2012 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

延命治療と安楽死

一般的に、判断力のある患者は、安楽死を望むと言われていますが、だからと言って、簡単に延命治療が中止されるわけではありません。意識がなくても延命治療を施すのが当たり前になっていますが、果たしてそんな状態で、生き続けて、本人は幸せなのでしょうか。家族の負担ということを考えると、安楽死という選択も、お互いのために良いものなのかもしれません。末期がんなどで徐々に意識が混濁している時、延命治療をするのか、安

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 19, 2012 at 12:42 pm

Categories: 未分類   Tags:

延命治療の問題点

もっとも最近では、緩和技術が向上しているので、ある程度の延命治療の苦痛が緩和できるようになりました。つまり、本人の意思がなくなった状態で、延命治療に入って場合などは、意志を確認するすべが全くなくなってしまいます。そして、延命治療では、家族の意思すら反映されにくい面があるので、これは、非常に大きな問題点と言えます。そして、施設や人員不足というのも、延命治療の問題点として取り上げられています。つまり、

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 18, 2012 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

延命治療と同意書

本人の意思というのは、その時に意識がなくても反映されるので、延命治療の同意書は意味があるのです。これは非難されることかもしれませんが、延命治療を人工呼吸器だけに頼ってしていくことにどれだけの意味があるのでしょう。もし、延命治療を続けることを拒む、患者の同意書があれば、医師が人口呼吸器を外しても問題ないかもしれません。つまり、患者自身に、80才以降の延命治療はしない、という同意書を書かせれば、そこで治

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 17, 2012 at 11:34 am

Categories: 未分類   Tags:

延命治療のデメリット

費用に関しては、延命治療を続ければ続けるほど、大きな負担になるので、そのデメリットは非常に大きいと言えます。ただ、奇跡的に意識を取り戻すことを信じて、延命治療のに取り組む家族もいるので、その点は考慮しなければなりまぜん。医者やスタッフは、患者と二人三脚で最後まで歩むのだというのが、延命治療の推進力になっていますが、それは尊厳死という観点からは、デメリットになります。そして、延命治療を続けた場合、長

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 16, 2012 at 12:34 pm

Categories: 未分類   Tags:

延命治療の定義

また、年齢的に手術をするのが難しい癌患者が行う治療行為が延命治療かというと、それについても、決まった定義というのはありません。基本的な延命治療の定義は、患者が治癒不可能な病気になった際、回復の見込みがない人に対して行う行為のことを指します。手術をしないのは仕方がないとしても、その後の処置を延命治療として受け止めるというのは、これは中々、難しい問題で、いかにも定義が曖昧なことを露呈しています。また、

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 12月 15, 2012 at 11:34 am

Categories: 未分類   Tags:

« 前ページへ