Archive for 10月, 2011

外反母趾治療dlmo手術

外反母趾治療dlmo手術は、費用面に関しても安く、これまでの手術は最低でも15万円くらいはかかりましたが、dlmoの場合は、約3万円程度で済みます。そして、これまでの外反母趾治療の手術では、足の親指の骨を削って、間接部分も削るというものでした。いずれにせよ、費用、期間を考慮すると、外反母趾治療dlmo手術は、とても優れた療法と言えます。さらに、外反母趾治療dlmoでは、鋼線を今度は親指の骨の付け根の部分に指して、そ

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 22, 2011 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

外反母趾治療とは

大きく分けると外反母趾治療には2種類あり、それは保存療法と手術療法になります。基本的に外反母趾治療として、一般的とされるのは、足底板で足のアーチを補助する保存療法になります。患部が当たらなければ、痛みは一時的には減るのですが、足が油断して、より足が広がるので、足の変形をさらに進める可能性があるのです。そして、外反母趾治療では、足の親指の付け根の部分にあたらない靴を選択することです。今では、そうした

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 21, 2011 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

粥状動脈硬化糖尿病網膜症

糖尿病網膜症というのは、糖尿病の合併症の一つで、これは、糖代謝異常に伴う微小血管障害によって起こるものです。お粥のようなドロドロとした固まりの粥腫が発生することから、粥状動脈硬化糖尿病網膜症と言われています。粥状動脈硬化糖尿病網膜症を予防するには、血糖コントロールを上手くして、血糖値を正常値に維持することが大切です。そのため、循環器病の中で、粥状動脈硬化糖尿病網膜症は非常にやっかいな病になります。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 20, 2011 at 11:35 am

Categories: 未分類   Tags:

増殖性糖尿病網膜症

また、増殖性糖尿病網膜症の治療には、黄斑部を除いた網膜全体に行なう汎網膜光凝固と、新生血管がある部分の網膜だけに行なう局所網膜光凝固があります。増殖性糖尿病網膜症は、病変が硝子体にまで及んだ網膜症のことを指し、この状態になると、閉塞した血管は再開通することはありません。糖尿病網膜症には、増殖性網膜症があり、これは、その進行段階を現しているものです。これが網膜を引っ張るので、眼底からはがれる網膜剥離

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 19, 2011 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症のレーザー治療

糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管が詰まって、網膜の血流の悪い部位が現れ、網膜の酸素不足が生じる病です。網膜の小さな血管が傷んでいく病気が糖尿病網膜症なので、網膜血管に小さいこぶや、傷んだ毛細血管から血液中の水分や脂肪が漏れることがあります。そして、糖尿病網膜症のレーザー治療では、一部分の網膜にだけ照射するという方法もあります。糖尿病網膜症に対する有効な薬がない今、糖尿病の初期からの血糖と血圧のコント

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 18, 2011 at 11:34 am

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症の検査

糖尿病網膜症は、ある程度進行すると、途中から糖尿病を治療して血糖値が正常に戻っても、改善することはありません。網膜に異常があるかどうかを調べるため、糖尿病網膜症では、まず、眼底検査をして調べます。そのため、糖尿病網膜症の検査、そして発症予防や進行の抑制こそが、大きな治療目標になるのです。糖尿病網膜症の病状が進んだ段階では、出血も増えて、白い斑点や浮腫が現われてきます。糖尿病網膜症は、糖尿病の人が発

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 17, 2011 at 12:34 pm

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症と失明

糖尿病網膜症で失明するのは、大体、働き盛りや、社会の中心的重要地位を占める年代に起こります。そうした状態になると、糖尿病網膜症は、硝子体出血や網膜剥離、血管新生緑内障を併発し、そのまま放置すると、失明に至るのです。そして、時に大出血を起こして糖尿病網膜症の病状を悪化させる恐れがあります。そして、糖尿病網膜症で起こった失明というのは、いわゆる、中途失明と言われています。そのため、最近では、糖尿病網膜

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 16, 2011 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症高血圧

さらに、糖尿病網膜症高血圧では、硬性白斑においては、黄斑部に星芒状白斑を形成する場合もあります。そして、喫煙は、網膜に対する高血圧の有害作用が増大するので、糖尿病網膜症高血圧の人は避ける必要があります。糖尿病網膜症高血圧は、高血圧に起因する網膜血管の損傷により起こるものとされています。他の糖尿病網膜症高血圧の変化では、数年にわたる血圧上昇が、結果的に起こったりします。その症状は後期に現れるのが特長

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 15, 2011 at 11:47 am

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症の手術

そしてそこから、器具を入れて糖尿病網膜症の手術を行なっていき、にごった硝子体に代わって、透明な液体を注入します。その後、硝子体内で出血をくりかえし、増殖糖尿病網膜症では、新生血管は、自身をささえる増殖膜として、網膜に張りめぐらすことになります。 糖尿病網膜症の硝子体の手術はどのような場合に行うのかというと、硝子体が出血していて、視力が低下している場合に、その出血を取り除くものです。しかし、視力が落

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 14, 2011 at 11:34 am

Categories: 未分類   Tags:

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の初期の段階である単純網膜症の場合は、その治療として、内科的な血糖コントロールを施します。血糖コントロールをする場合は、とにかく自分勝手に食事制限や、有酸素運動を行なわないことが、糖尿病網膜症のためにも大切です。糖尿病網膜症は、糖尿病の可能性が否定できない、もしくは、糖尿病がかなり疑われる、と診断されたときのタイミングがとても大切になります。単純糖尿病網膜症の段階では、血糖コントロール

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by yoshi20000 - 10月 13, 2011 at 12:34 pm

Categories: 未分類   Tags:

次ページへ »