Archive for 6月, 2009

インポートランジェリーの補正機能(1)

インポートランジェリーは輸入もののランジェリーということですから、基本的には欧米人のような体型の方々が付けるものと言うことになりますよね。
そうすると、ランジェリーに補正機能など必要ないので、そういう機能が全く付いていないのではないか・・・と我々、日本人の多くは思ってしまいます。
しかし、そんなことはありませんから、安心してください。
欧米人でも、やはり補正機能が欲しい女性はたくさんいるのです。
グラマラスな女性が多い欧米人の中にあっては、日本人以上に補正機能を必要としている方も多いはずです。
実際、多くのインポートランジェリーブランドでは、しっかりとした補正機能が付いています。
バストを寄せて上げる機能などは、基本中の基本。
パッドを入れなくても、かなりのボリュームが出るよう設計がなされているブラジャーも、数多くあります。
そこらへんは全く、日本と同じです。
それでいて、締め付け感がないようにフィット感を重視し、デザインにも手を抜かないのが、インポートランジェリーです。
補正機能が付いていないとすれば、かなりセクシー路線を重視したランジェリーだと思います。
セクシー度合の強いランジェリーをデイリーに使用する方は少ないと思いますので、補正機能は必要ないということで良いのだと思います。
しかし、そのようなランジェリーも、女性であればひとつふたつは、楽しみとして持っていると良いと思います。
見せる相手がいれば、なおさらですが、いなくとも自分自身で見て、付けて楽しめば良いのですから。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 20, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーにおけるテイスト

日本のランジェリーでも、いろいろなテイストはありますが、インポートランジェリーは、それがもっと極端にデザインに表れているように思います。
たとえば、日本のランジェリーに比べて、インポートランジェリーのセクシーさは目を見張るものがあります。
セクシーなテイストにかけては、日本のものは、まだまだ敵わないでしょう。
エレガントなテイストではどうでしょう。
贅沢な刺繍を施してあったり、繊細なレースを惜しげもなく使用しているランジェリーは、日本のものではやはり少ないように思います。
スタイリッシュさでは、どうでしょうか。
日本のランジェリーも最近は、スタイリッシュなものが増えました。
しかし、インポートランジェリーと比較してしまうと、やはりまだ追いついていないように感じます。
バックやサイドのデザインにしても、ほとんどが定番のデザインのままになっていますね。
時々、とてもスタイリッシュなものを見かけますから、これから、どんどん変化してゆくと思います。
さて、それでは可愛らしさのテイストはどうでしょうか。
これは、日本のランジェリーも負けてはいないと思います。
この頃は、本当に可愛らしいランジェリーが増えました。
売り場へ行ってみたり、オンラインショップをのぞいてみればすぐに納得いきますよ。
インポートランジェリーの可愛らしさは、またちょっと違う感じがすると思いますので、比較しても楽しいかと思います。
カッコよさ、クールさは、どうですか。
こちらも、やはりインポートランジェリーがかなり優勢ではないでしょうか。
日本のランジェリーも、早く進化すると良いですね。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 19, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーを身につける喜び

ランジェリーも洋服と同じように、それを身に付ける人を表します。
どのようなランジェリーを普段、身につけているかで、その女性の性格や好みなどがわかります。
もちろん、洋服と違ってランジェリーは、基本的に人に見せるものではありませんから、ランジェリーを見ることで女性の好みを知ることは難しいのですが・・・。
さらに、ランジェリーは人に見せるものではないということから、それを身につける人の本当の好みが表われるものでもあります。
洋服の場合には、時や、場所や、場合によって選び分けなくてはなりませんが、ランジェリーは自分自身の気分によってだけ選べばいいものですから、本来の自分の好みが出やすいものなのです。
学生時代の女子の更衣室や、修学旅行時などの女性同士で旅行に出かけた時など、誰かの洋服とランジェリーのギャップに驚いた経験はありませんか?
多くの方は、普段目にする洋服から受けるイメージ通りのランジェリーをつけているものですが、ときどき、洋服のイメージとは全く違うランジェリーを付けている方がいます。
たとえば、洋服が地味なのにランジェリーが派手、もしくは洋服が派手なのにランジェリーが純白・・・このようなケースです。
イメージ通りのランジェリーをつけている人には感じなかった驚きと意外さから、その女性につい興味を持ってしまったりします。
着替えの時に、誰も付けていないようなインポートランジェリーをつけていたらどうでしょう。
皆の秘かな注目が集まり、あなたは喜びを味わうことになるでしょう。
それだけの価値がインポートランジェリーにはあるのです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 18, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの価格

インポートランジェリーを見て、そのあまりの素敵さに心打たれ、さっそく買おうと思ったところが、あまりにも高くて買うのをためらった・・・などという話もよく耳にしますね。
確かに、インポートランジェリーは高価なものが多いです。
ブラジャーやショーツの単品でも、数万円するものがいくつもあります。
なぜ、インポートランジェリーはそんなに高価なのでしょうか。
もちろんそれには、ちゃんとした理由があります。
実際に、インポートランジェリーをご覧になったことがある方であればお分かりと思いますが、非常に繊細な高級レースを使用しているものが多いという点です。
このレースの代金がランジェリーの価格に大きく反映しているわけですね。
さらに、ランジェリーに使用する素材にこだわりを持っているブランドばかりだということです。
シルクであったり、天然のコットンであったり、サテンであったり、伸縮性のある生地を部分的に使用したりと、細かな部分にまでこだわりを持って作られているのです。
中には、全過程、手作業で作られているものもあり、そうなってくるとその価値というのは、数万円でも足りないほど・・・価格など付けられないようなものにさえなってくるでしょう。
実際、インポートランジェリーのその手触りやフィット感、レースの豪華さなどをご自分で確かめれば、充分に見合った価格であることがわかると思います。
そして、一度インポートランジェリーの良さがわかってしまうと、今度はインポートランジェリー以外のランジェリーにあまり魅力を感じなくなってしまうようです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 17, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの有名ブランド(その他の国々)

ランジェリーは世界中の国々で女性たちに愛されていますから、各国に素晴らしいブランドがあることと思います。
今回は、日本にインポートランジェリーとして輸入されている中でも、アメリカ、フランス、イタリア、ドイツ、ベルギーを除いた他の国々のブランドを紹介することにしましょう。
スイスの「HANRO(ハンロ)」も人気の高いインポートランジェリーのひとつです。
こちらは、ゴージャスなレースやフリルなどを施してはいませんが、天然素材にこだわったシンプルで機能的な美しさを追求した高級ランジェリーとなっています。
見た目は、ランジェリーというよりも洗練されたアンダーウエアと言ったほうが近いかもしれません。
天然素材にこだわる方々にとって、最高のブランドだと思います。
スペインのランジェリーもまた、素晴らしいものがあります。
しかし、日本の店舗では、取扱いが非常に少ないため、インターネットで探したほうがずっと早いでしょう。
「Garel(ガレル)」のランジェリーは、ヨーロッパでは有名な老舗の高級ランジェリーです。
デザインも美しいのですが、何と言いましても、ひとつひとつ手作業で作られるというランジェリーは、非常に手間がかかる分、手作業でなくては出せない肌触りが圧倒的な支持を得ています。
「Rene Bartan(レネバルタン)」のランジェリーも、洗練されたシンプルなデザインがとても美しいことで人気があります。
ビスチェやスリーインワンなどが定評があります。
日本ではなかなか手に入りにくいインポートランジェリーとして、ブラジルの製品もあります。
情熱的な国のランジェリーですから、ハイセンスでセクシーなものが多いようです。
「Liz(リズ)」などが有名です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 16, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの有名ブランド(オーストラリア編)

オーストラリアにも、人気の高いランジェリーブランドが数多くあります。
オーストラリアは非常に大きな国ですから、それだけ人口も多く、ファッションにうるさい女性たちも多いのです。
いくつもある人気ブランドの中でも、インポートランジェリーとして日本でも人気のあるものをいくつか紹介しましょう。
比較的新しいブランドである「Chasney Beauty(チェスニービューティー)」は、ファッショナブルでロマンティックな見た目と、リーズナブルな価格で一気にファンを増やしました。
さらに香港にヘッドオフィスを置いて、世界中の女性をターゲットにしていますが、アジア女性の体型に沿ったパターンでランジェリーを制作するなど、細かい心配りが一層人気を高めています。
ですから、もちろん我々日本人にも、難なくフィットするでしょう。
革新的デザインと、最高級素材のランジェリーを提供しているのは「Pleasure State(プレジャーステート)」です。
ランジェリーを寝室の物とせず、広く楽しめるものとしてデザインしているだけあって、その洗練されたフォルムは、隠しておくのがもったいないような見せたくなるランジェリーばかりです。
プレジャーステートのランジェリーを身につけることで、自信に溢れた魅惑的な女性になってほしいという願いが込められています。
インポートランジェリーとしてぜひ、持っておきたいブランドのひとつです。
プレジャーステートは、他にも「Couture(クチュール)」や「White Label(ホワイトレーベル)」というブランドを持っており、そちらは価格的にも非常にリーズナブルで、若い女性たちでも気軽に帰るランジェリーとなっています。
もちろん、ランジェリーへのこだわりは、プレジャーステートと何ら変わりありません。
スワロフスキークリスタルを使用したり、サテン、フリル、レースなどをふんだんに使用して、キュートでフェミニンなランジェリーに仕上げています。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 15, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの有名ブランド(ベルギー編)

ベルギーという国名はよく耳にしますが、我々日本人にとっては、それほど馴染みのない国のようなイメージがありますね。
ベルギーと聞いて、なにか思い浮かべるものはありますか。
しかし、これからは、インポートランジェリーと言えば、ベルギーを思い出すことになるかもしれません。
ベルギーの「DEWE(デヴェ)」というブランドは、素晴らしくフィット感に優れたランジェリーを提供しています。
しかも、補正力も素晴らしいのです。
あまりにも素晴らしいフィット感が忘れられずに、デヴェのランジェリーしか付けられなくなったという方々が大勢いらっしゃいます。
一時的に工場の移転によって、それまでのフィット感が失われそうになったのですが、現在ではまたかつてのフィット感を再現した製品も登場し、再びファンを集めています。
ベルギーのインポートランジェリーというと、「RINZ(リンヅ)」もまた有名です。
豪華なレースをふんだんに使用しながらも、フィット感と補正力に優れています。
リンヅが特にファンに支持されているのは、そのブラジャーをつけたときのバストラインだと言われています。
たった一つの型で何年もの間、ファンを魅了し続けてきたのです。
そのリンヅのブラジャーの型は日本人にも非常によく合うので、日本人の中にもリンズのファンは多いです。
こちらも、初めてのインポートランジェリーとしてはお勧めのブランドです。
グラマラスな女性向けの、「Prima Donna(プリマ・ドンナ)」というブランドも人気です。
アンダーサイズ110センチからで、カップサイズHまでありますから、大きめサイズの方は、こちらもぜひご検討ください。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 14, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの有名ブランド(ドイツ編)

ドイツもまた、ハイセンスなデザインを生み出す国として有名ですが、やはりランジェリーもその例外ではありません。
しかも、ドイツは、優れたデザインと優れた機能の両方を兼ね備えた製品を生み出すのが得意です。
決して妥協しないその精神をランジェリーブランドも受け継いでいます。
1859年という時代、コルセットメーカーとして誕生した「SUSA(スーザ)」というブランドは、現在も補正下着の分野でトップの地位を譲りません。
価格も、リーズナブルなうえに、日本人向けのサイズ展開もしてくれており、気軽に手をだせるインポートランジェリーのひとつです。
補正機能が好きな日本人女性には、打ってつけのブランドだと思います。
ドイツ製品のその高い技術をぜひ、一度試してみてください。
手放せなくなることでしょう。
グラマラスな女性用のランジェリーといえば同じくドイツの「ulla(ウラ)」でしょう。
アンダーサイズが120センチからと、かなりのグラマラス体型であっても、充分カバーできるラインナップです。
国産のランジェリーは、サイズが大きくなればなるほど味気ないものが多くなりますが、ウラのランジェリーはどんなサイズでも、華やかさを忘れません。
大きなサイズでも、もうちょっとオシャレなランジェリーが欲しいとお思いの方には最適なブランドです。
ドイツが非常に先進的だと思うのは、乳がん患者用のケアブラジャーやマタニティーランジェリーなどもちゃんと作ってくれているからです。
「Anita(アニタ)」は一般的なランジェリーのほかに、そういった特別な製品もいくつも取り揃えており、世界でもトップクラスのブランドです。
必要になった際には、このようなインポートランジェリーもぜひ検討してみてください。



Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 13, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

ダイエットラスクでダイエットする方法

ダイエットラスクに限らず、どんなダイエット方法でも無理は禁物です。特にダイエットが上手く行かず断念してしまった場合など、無理をしただけ大きなリバウンドが予想されます。過ぎたるは及ばざるがごとしということわざは、ダイエットラスクにもあてはまります。徹底的にダイエットラスクでのダイエットをしようと、口にするもの全てをダイエットラスクと置き換えるということは現実的ではなく、続くはずもありません。リバウンドを止めることができず、結果的に太ってしまったということも起こりえます。それ以前に、身体に必要な栄養が欠乏して身体をこわしてしまう危険性も高まります。置き換えダイエットでダイエットラスクを使う時は、1日のうちの1回の食事をダイエットラスクにする程度に留めましょう。時には、食事一食とダイエットラスクをまるごと切り替えられないこともあります。その場合は、主食をダイエットラスクと切り替え、副菜や汁物の量を控えるという形で、ご飯やパンを置き換えます。ダイエットラスクを夜食や間食代わりに使っている人もいます。こうすることで、間食での甘味を減らせます。ダイエットラスクの特徴として満足感を得られると言う点があるので、置き換えにはぴったりなのです。ダイエットラスクは、少し食べづらい方もいるようなので、水分を上手に摂りながら、よく噛んで食べることがポイントです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 10:11 am

Categories: 未分類   Tags:

インポートランジェリーの有名ブランド(イタリア編)

イタリアという国は、フランス同様にファッションの本場です。
ということは、当然、ランジェリーに関しても非常にファッショナブルであるということが期待できますね。
もちろん日本でも、イタリアのインポートランジェリーは人気が高いので、ぜひもっと多くの女性たちに身に付けてほしいと思います。
イタリアの最高級ランジェリーブランドとして名高いのが「la PERLA(ラ・ペルラ)」です。
この名前は日本語に訳すと「真珠」という意味ですが、まさに真珠のように上品で優雅なランジェリーが揃っています。
メゾン・ブランドが独自にレースを作り上げていますから、その繊細な美しさにはうっとりしてしまいます。
特別な日につけるランジェリーに相応しい逸品です。
ラ・ペルラは、妹ブランドとして「MARIZIA(マリッツア)」というブランドも持っています。
こちらは、ラ・ペルラに比べて、キュートで可愛らしいランジェリーが揃っています。
価格的にも、リーズナブルで、若い方でも気軽に購入できる程度になっています。
初めてインポートランジェリーを購入する方にもお勧めのブランドです。
イタリアで、ラ・ペルラと並んで代表的なブランドというと、「COTTON CLUB(コットン・クラブ)」がそうです。
素材の質の良さと、優れたフィット感でイタリア国内でも絶大な人気を誇っています。
「LORMAR(ロマール)」もまた、イタリアの人気ブランドです。
非常に個性的でセクシーなデザインがファンを増やし続けています。
価格的にもリーズナブルなので、こちらも、初めてのインポートランジェリーにお勧めのブランドです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 6月 12, 2009 at 10:22 am

Categories: 未分類   Tags:

« 前ページへ次ページへ »