Archive for 2月, 2009

ジェルネイルのオフ

爪に優しいと言われているジェルネイル。近年で急速に普及しました。いまやネイルアートの主流となりつつあります。
ジェルネイルのジェルによってオフの方法は違ってくるときがあります。ハードタイプと言われているものは、長い人工爪を作るためのジェルです。そのため硬度が硬く、前準備から大変で爪に対してもいささか優しくない所があるのですが、オフするときも同じです。削ることによってしか外せないです。解かす溶液がないためです。そのため下手をすると爪を痛めかねません。
その点ソークオフジェルとも呼ばれるソフトタイプのものは、リムーバーと呼ばれる専用溶液があるので、爪を傷つける心配はありません。けれどもその溶液にアセトンが使われている場合もあるので、痛めないとはいえない場合もあります。
ジェルネイルをオフするときは、まず表面を削って傷をつけます。爪の大きさのコットンを用意し、これにリムーバーを染み込ませます。そのコットンを爪に当て、アルミホイルで包みます。この際ジェルが付いていない爪や皮膚に当らないように注意しなくてはなりません。
密封してしばらくおきます。ジェルのメーカーによってどれほど置くかは異なるので、自分でやるときは説明書を必ず読んでおきましょう。
アルミホイルを外すとジェルは表面がひび割れています。メタルプッシャーやウッドスティックなどで優しく取り除きましょう。まだ溶けていないジェルがある場合は、再びコットンからやり直してください。無理にはがさない方が良いです。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - 2月 25, 2009 at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

爪の異常

近年急速な広まりを見せているジェルネイル。いまやネイルアートの主流となりつつあります。
その爪の状態は健康状態をはかるうえでバロメータとなりえます。ですから医者に行くときは、ジェルネイルやマニキュアはしない方が良いのです。
けれども健康状態が原因でないことも、もちろんあります。ジェルネイルを使って楽しむものの一つに、人工爪があります。使うジェルにもよりますが、人工爪と自爪の間にカビが生えてしまうことがあるのです。このときその部分の爪は表面が緑色っぽくなっています。
このように色が変化した爪は、何か異常があるものです。考えられるケースとしては、爪自体が病気である場合か、皮膚の病気が爪に症状を出す場合、爪周辺外の病気が爪に症状を出す場合、そして病気以外の場合です。前例は最後のものの例といえるでしょう。
爪は通常薄いピンク色をしています。この色が白濁した時、それも爪ではなくその下の皮膚の変化だった場合、肝硬変や腎不全、糖尿病と言った内臓疾患の可能性があります。
爪の表面が黄白色になっている時は、爪自体の異常かリンパ系のトラブル、内臓疾患が考えられます。二枚爪などの症状の出る爪甲剥離症となっているか、新陳代謝の低下と思われるのです。マニキュアや、ジェルネイル除去に使われるリムーバーが原因である場合もあります。
爪の色が黒っぽい紫色は、もうそれだけで危険です。チアノーゼ状態と言って悪性の貧血か、心臓疾患の可能性があるのです。肺疾患や先天的疾患のある場合は、青紫色となります。
この手の異常が出ている場合、ジェルネイルはお勧めできません。速やかに病院へ行きましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

手のマッサージ

近年急速に広まっているジェルネイル。爪の強化コーティングから人工付け爪の作成まで幅広い用途に使えるため、老若男女全てから注目を集めています。
アクリルの合成樹脂を爪に乗せ、UVライトで紫外線を当てて固めます。ですので、爪が弱いかたにはコーディングとして利用方法があります。爪が短い方なら人工付け爪を楽しむことも出来ます。
様々な使用用途のあるジェルネイルですが、それもこれも自分の爪のためのもの。使われる素材は大概が爪に優しいものですし、使用方法もきちんと守れば爪を痛めることはありません。
けれどもそれでも自分の爪を少しでも良い状態にしておけば、より美しくなると言うものです。そこで今回は手のマッサージをご紹介します。指先を含めての血行を良くすることで、丈夫で健康な爪の育成を促すことが出来ます。さらにリラックス効果も売ることが出来ます。
まず、ハンドクリームを掌に取ります。このときすぐには塗らず、もう片方の掌を合わせて温め、体温に近づけます。その後掌全体にのばします。
1.クリームのついた掌で、指を1本ずつゆっくり伸ばした後、同じように指の付け根から捻るように回しながら、再び1本ずつ伸ばします。
2.爪の根元部分を軽く押しもみします。
3.指の根元部分をはさみもみします。
4.手の甲をはさみ、外側に広げるようにして圧力を加えます。同じように掌も揉みます。
5.最後に指を引っ張り、1本ずつ伸ばします。
マッサージに使うクリームは市販のハンドクリームで充分です。もちろんこだわってみて、自分のお気に入りを見つければ、さらに効果が得られるでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

甘皮処理の方法

ジェルネイルなど、ネイルアートを行う際にはやっておくべき処理の一つです。ジェルネイルの場合、爪にフィットしやすく長持ちすると言われています。しかしこの甘皮処理をきちんとやっておかないと、そうはいきません。ジェルネイルをサロンではなく自分でやってみるとしばしばそういうことが起きてしまいます。そこで普段からこの甘皮処理をやっておくことをおすすめします。爪にも良いし、ジェルネイルを試すときにも困らないと言うわけです。簡単にその方法をご紹介します。
まず幾つかの道具と溶液がいります。
溶液はキューティクルリムーバ(またはキューティクルクリーム)、キューティクルオイル
道具はコットンを巻いたウッドスティック、ステレンスプッシャー、ガーゼ、キューティクルニッパーです。
最初にリムーバーを少しずつ甘皮につけ、馴染ませます。その指をぬるま湯にしばらくつけ、甘皮を柔らかくふやかします。爪の周りの汚れや油分を落としておきます。コットンスティックを爪の脇から根元に円を描くようにして薄皮を押し上げます。プッシャーも同じように使います。こちらは金属なので、皮膚や爪を傷つけやすいものです。力を抜いて優しく押してください。ガーゼで薄皮をこそげ落とします。前のスティックやプッシャーと同じ要領でやると、きれいに取れます。ここで取れなかったささくれや甘皮をニッパーで処理します。切るというよりつまんで切断するようにしてください。
仕上げはオイルを塗って油分を補充し保湿します。すり込むようにマッサージすると良いでしょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

甘皮処理を行うと

甘皮――キューティクルとも言われる――処理と、爪の表面に張り付いている薄皮――ルーズスキンとも言う――の処理をさしてクリーンアップと言います。ジェルネイルなど、ネイルアートを行う際にはやっておくべき処理の一つです。ジェルネイルの場合、爪にフィットしやすく長持ちすると言われています。しかしこの甘皮処理をきちんとやっておかないと、3日も持たなかった例もあります。ジェルネイルを自分でやってみるとしばしばそういうことが起きてしまいます。
そこで普段からこの甘皮処理をやっておけば、爪にも良いし、ジェルネイルを試すときにも困らないと言うわけです。
もともとこの甘皮と言うのは、爪半月――マトリクスとも言う――という爪を作る部分を保護するための皮膚です。爪半月のうえを甘皮が覆い、守っているのはそのためです。けれどもこれが必要以上にあると、爪にとって必要な水分を横取りしてしまいます。結果として爪は水分不足に陥り、割れやすくなってしまうのです。二枚爪の原因である乾燥状態にもなります。
そこで甘皮や、薄皮の処理が重要となってくるわけです。薄皮をきちんとお手入れすることで、爪の表面の凹凸を少なくし、爪の成長を促進することも出来るようになります。その状態であれば、ジェルネイルだけでなく、マニキュアのひとつである、ボリッシュが塗りやすくなります。もちも長くなるのです。
10日から2週間ごとのお手入れが理想的です。きちんと行うと爪先が美しくなります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

爪の形

近年急速に広まっているジェルネイル。爪の強化コーティングから人工付け爪の作成まで幅広い用途に使えるため、老若男女全てから注目を集めています。
アクリルの合成樹脂を爪に乗せ、UVライトで紫外線を当てて固めます。ですので、爪が弱いかたにもコーディングとして使えるのです。爪が短い方でも人工付け爪を楽しむことも出来ます。自分の爪を思った形に見せる事が出来るのです。
ではその爪の形によって与える印象を簡単に紹介します。
まずはたまご型です。オーパルと言われています。爪の形を整えるとき、多くの人がこの形にします。指先が自然で柔らかく、優しい感じがするのです。そのため、女性らしいイメージとなります。大きな爪や、男性的な指をしている人にお勧めの形です。
次が、だ円型です。ラウンドと呼びます。オーバルよりも先端部分が平らになった形です。指先が細く長く見える効果があります。そのため手が美しく見えます。平たい爪の人や、詰めの小さい人がこの形にすると、上品で優雅な印象となります。
3つ目がスクエアオフ。四角い形で角が丸くなっています。日常生活をする上では衝撃に一番強いものだと言う話です。長く爪を伸ばす人はこの形にすることが多いのです。長く伸びた爪はやはり衝撃に対して指先を守るどころか打撃を与えかねません。
ほかに爪先を細く尖らせたポイント、スクエアという4角い形の角をそのまま残したものがあります。どちらも日常では不便なことが多い形です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

爪の形の整え方

最近急速な普及を見せているジェルネイル。ネイルアートとしても主流になりつつあるようです。
ジェルネイルはアクリルの合成樹脂を爪に乗せ、形を整えてUVライトに当てて固める技法です。柔軟性の高いものなら3ミリ、固いものなら長い人工爪を作ることも可能です。
ではその爪の形はどうやって整えるのでしょうか。
まずは基礎となる自分の爪です。爪は幾層かに分かれています。そのため爪切りを使うだけというのは、ジェルネイルをつける以前のネイルケアとして良くありません。どうしても使う場合は、風呂上りなど、爪に水分が含まれ、柔らかいときにしてください。そうでないと爪切りのダメージがそれぞれの層の断面にひびとして残ってしまうのです。これは二枚爪など爪甲剥離症の原因となるものです。
爪の形を整えるのは、やすりが最適とされています。一般に自爪のためのものが「エメリーボード」とよばれ、人工爪を削るものが「ファイル」と呼ばれています。エメリーボードの方がファイルより目が細かいため、爪への負担が少ないのです。
エメリーボードも当てる角度には気をつけなければなりません。爪に対して直角に当てると、爪切りと同様爪にひびを入れてしまうのです。角度は45度が理想です。また、実際に削るときにエメリーボードを往復させるのもよくありません。一定方向に動かしましょう。
爪を削る順番は先端、サイド、角の順です。サイドは人によってはないかもしれません。爪が指より長い場合に必要です。1本終わった後他の指と比べて、爪の長さが均一になるようバランスを整えましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

ジェルネイルの下準備

近年ネイルアートの主流になりつつあるジェルネイル。ネットでも様々なジェルネイル関連商品が手に入るようなりました。とは言え自分でやってみてもすぐに剥がれてしまいがちです。
長持ちさせるには、ジェルを塗布する前の下準備が重要です。まず爪切りを使わず、やすりで爪の形を整えます。爪切りを使うと、その衝撃で断面に細かいひびが入ってしまうからです。
一般にジェルネイルは爪に優しいと言われますが、これはソフトタイプ、ソークオフジェルと呼ばれるタイプのことをさします。ハードタイプのものは、下手をすると爪を痛めかねない所があります。まず爪表面を削ります。傷をつけることで定着を良くするのです。また、定着を助けるためにプライマーと呼ばれる酸性液を塗ります。
ソフトタイプのものはそこまでは必要ありません。爪の表面のツヤが消える程度で大丈夫です。そのあと甘皮と呼ばれる、皮膚から爪を覆う半透明の角質の処理をします。キューティクルと呼ばれたりもします。ここの処理をしっかりしないと、ジェルが浮いてきてしまうのです。
爪の根元部分にキューティクルリムーバを塗ります。5から10分置いて甘皮を柔らかくします。その後プッシャーやストーン、ニッパーといった道具を使って、甘皮とその下にこびりついている古い角質を除去します。その後、クレンザーやエタノールなどで爪をコットンできれいにふき取ります。この処理のあと油分や水分を残しておくとジェルが剥がれやすくなるので気をつけましょう。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

ジェルネイルとは

ネイルアートとして全盛を誇るジェルネイル。ネイルサロンでも中心のサービスとなっているようです。
ではそもそもジェルネイルとはどういったものなのでしょうか。従来のものでは、人工付け爪としてスカルプチェアがあり、カラ―リングにおいてはマニキュアのネイルカラーが中心だったようです。
ジェルネイルは存在としてはこの両者の中間に位置します。水飴上のジェルと呼ばれるものを使用します。これはハードタイプのものとソフトタイプのものがありますが、ソフトタイプのものが現在は主力となっています。
このジェルを爪に乗せ、形を整えてUVライトを当てます。そして固めていくのです。
ソフトタイプのジェルはものによって、人工爪を作成し長くすることも可能です。ジェルの硬度があるものを使うのです。ですが、その場合はカビへの注意が必要となります。自爪との隙間が出来やすくなるからです。反対に硬度が低いものを使う場合は、その心配はありません。その代わり、定期的にトップコートが必要になるものもあります。こうしたジェルネイルはコーディングとして爪の強化としての効果があります。そして硬度に関わらず、だいたい1ヶ月は持ちます。
ネイルカラーはマニキュアを使って色を塗ります。ベースコートとトップコートの間にカラーマニキュアを塗り、オイルでの仕上げが一般的です。トップコートは2、3日に一度塗りなおす必要がある。それでいて持ちは1週間から10日程度です。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

付け爪の健康被害

近年急速な広まりを見せているジェルネイル。従来のものに比べ、無臭なことからより扱いやすいと人気を呼んでいます。
ジェルネイルの用途は様々ありますが、従来のものと同じように人工付け爪を作ることもそのうちの一つです。
従来の人工付け爪はアクリルのパウダーとリキッドを使って、スカルプチェアと呼ばれる技法で作られていました。自爪の上に人工爪を作る技法です。他にネイルチップと呼ばれる人工爪を自分の爪に貼り付ける方法もあります。ですがこれらの人工爪は、気をつけなければいけないことがあったのです。
爪は伸びるものです。若ければ若いほどその伸びは速いとされています。人工爪とその伸びた爪の間に隙間が出来ます。そこに水分が入り込み、カビの原因になるのです。
国民生活センターは2008年10月16日に付け爪による健康被害の相談が増加していると発表しています。特に2006年以降の相談はそれまでの半数に上るといいます。自分でつけられる機材やネイルサロンが増えた事が原因のようです。
ネイルサロンには実は公的な認可、規制がまったくありません。ネイルサロンに行ってつけ爪をした2日後に指が化膿したと言った報告や、爪と人工爪の間にカビが生えたと言う報告もあります。
といってネイルサロンの全てが信用ならないというわけでもありません。民間の団体が、技能検定を設け、ネイリストと呼ばれるネイルケアの専門家の育成に努めています。その団代がネイルサロンやネイルスクールを認定する制度もあります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by admin - at 12:00 am

Categories: 未分類   Tags:

次ページへ »