臓器移植ネットワーク

きちんとした基準に基づいた適正で公平なレシピエントの選択を臓器移植ネットワークでは、取計らっています。
そして、法的脳死判定と臓器提供の確認を臓器移植ネットワークが適性に行う役割を担います。

臓器移植ネットワークは、移植の推進のため、移植に関して啓発活動を、積極的に展開しています。
また、家族が提供の意思を示した患者が、脳死が推定される場合、臓器移植ネットワークは尽力します。
日本で唯一の組織である臓器移植ネットワークは、全国を3つの支部に分割して、丁寧に指導しています。
移植医療についての正しい知識の普及と啓発をしていて、臓器移植ネットワークでは、レシピエントの登録や更新業務も行っています。
また、心臓、肝臓、肺、膵臓、腎臓、小腸のあっせん事業も臓器移植ネットワークではしています。

臓器移植ネットワークは、ドナー情報の収集や、提供協力病院とドナー家族への対応に日々務めています。
専任の移植コーディネーターが、臓器移植ネットワークでは、24時間対応で待機しているので万全です。
移植の斡旋を行う臓器移植ネットワークでは、それを受けようとする患者に対して、レシピエントの登録を実施します。