臓器移植の海外事情

いわゆる、第三者の善意での臓器提供がないと、臓器移植はできず、日本では、ドナーの絶対数が不足している状態です。
また中国での臓器移植については、日本移植学会が倫理指針で、臓器売買にあたるとの指摘もしています。
日本で臓器移植のために臓器提供を待っている人は、1万人以上いますが、移植を受けられる人は、年間で300人程度です。
しかし、臓器移植が難しいのは、死後に臓器を提供してもいいという人がいないとできない治療であるところです。
2006年の腎臓の臓器移植は198人いて、そのうちの海外渡航先としては、中国が最も多いと報告されています。
肝臓の臓器移植については、海外では、脳死下での肝臓移植が主流になりますが、日本では生体肝移植がほとんどになります。
法律では、臓器移植については、臓器を死体から摘出できるとし、心臓死と脳死を同列にしたことから問題が起こりました。

臓器移植は、1997年に法律が制定されていて、脳死した者からの臓器摘出は認めていますが、腎臓や肝臓は遺体からでも取り出して移植できます。
フィリピンでは、海外での生体臓器移植について、原則禁止する旨の方針を打ち出して、正式に発表しています。
ただ、生体間の臓器移植は、元気な人の身体を傷つけることになるので、倫理的な問題が懸念されています