臓器移植の問題

しかし実際には臓器移植というのは、そうしたものではなく、死体から取り出した臓器は、移植には使えないのです。
実際、脳死臓器摘出の実態は周知されていないのが現実で、そうしたことが、臓器移植の問題をより大きくしています。
どうせ燃やしてしまうのなら、患者に臓器移植し、人の役に立てばいいというのが、そもそもの考えにあります。
臓器提供本人が同意さえしていれば、脳死状態で臓器を摘出して、臓器移植をすることができます。
様々な問題があるので、臓器移植に関しては、敢えてこの事実を推進団体は隠していて、触れないようにしているのです。

臓器移植の問題は、生きている人の臓器でないとダメなことで、このことを一般に知らしめると、臓器提供者が減ってしまいます。
移植を受けた患者の方ばかりに焦点が当てられていて、臓器摘出を受けた人は無視されているのが、臓器移植の最大の問題です。
意識が無いから、あるいは痛みや不快を感じないからと言って、臓器移植の問題を軽々しく片付けてはいけません。
つまり、どうせ死ぬのだからと臓器移植について、安易に考えてはダメだということです。
一般的に、脳死臓器摘出については議論する場があまりないので、臓器移植の問題は、なおざりにされている感があります。