臓器移植のドナー

ドナーカードというのは、どこにでも置いているので、臓器移植に貢献したい人は、是非記入すべきです。
ドナーカードというのは、臓器移植に際してとても大事なもので、自分が死んだ後、自分の臓器を提供するか否かを記載するものです。

臓器移植において、重要な意味を持つドナーカードは、病院、市役所、保健所、郵便局、運転免許試験所などに置いています。
一般的に、臓器移植のためのドナーカードは、15歳以上であれば、記入できるようになっています。
また、腎臓や肝臓など一部を摘出しても命に別状ない臓器については、生体移植による臓器移植が可能です。
臓器移植をするには、他人からの臓器が必要になるので、臓器提供者であるドナーがいなければできません。
そして、法律による臓器移植の定めがあって、死後に提供する場合、事前にドナーカードに意思を書き込む必要があります。
日本の臓器移植は、ドナー不足にあえいでいて、待機リストに登録している人が沢山います。
しかし、一方で、日本では臓器移植のためのドナーがかなり少なく、いまだに外国へ移植を受けに行く患者がたくさんいます。

臓器移植のために臓器を提供するドナーはまだまだ少ないですが、白血病などに対する骨髄移植のドナーは負担が少ないので、登録者がたくさいます。