臓器移植に関する法律

臓器移植については、日本では色々と問題提起があるところで、まだまだ、解決するには至っていません。
かなり難しい問題を抱えているが臓器移植ですが、実際、臓器の移植に関する法律というものが存在します。

臓器移植の法律は、2009年の法改正により、2010年以降、親族に対しては、臓器を優先的に提供する意思を書面で表示できるようになりました。
臓器移植の法律の特徴としては、脳死判定より先に、家族に臓器提供の意思があるかどうかを確認できるということです。
この臓器移植の法律案については、1996年、議員立法として提出され、1997年、衆議院で可決されました。
そして、臓器移植の法律は、何度も見直しが行われていて、法律の最終改正は平成21年に行われていま。
臓器提供に関する意思表示の有効性は、年齢での画一的判断は困難ですが、臓器移植の法の運用に当たっては、15歳以上の者を有効としています。
また、遺族が臓器移植を拒まない場合に限りにおいては、脳死した者の身体を死体として認めるとあります。
こうした臓器移植の法律改正により、15歳未満の者からの臓器提供であっても、可能となったのです。
そうした通知を厚労省がしたことから、実質的には臓器移植については、15歳未満の臓器提供はできないとされています。