臓器移植と脳死

そこで問題になっているのが、脳死や、心停止後の臓器移植について、法律が定められていることです。
基本的に、臓器移植といいうのは、働きが失われた臓器に対して、他人か臓器の提供を受ける行為に当たります。
他の人から臓器提供を受け、臓器移植をすることで、臓器の機能回復を図ろうというものになります。
臓器摘出が可能な死の時点は、脳機能の喪失ではなく、脳細胞の死滅を意味するもので、臓器移植との関連性が指摘されています。
ただ、日本においては、脳死後の臓器移植の施術と言うのは、欧米と比べると、まだまだ少ないのが現実です。
なぜそうなっているのかというと、臓器移植をするにあたり、脳死そのものが死の定義としてふさわしいのかが、ハッキリしていないからです。
脳死の概念は、一般的に臓器移植を可能にするために設けられたものなので、そこに問題があるわけです。
つまり、臓器移植をしない限りは、脳死判定をする必要性はないということになるわけです。
ただ、一方で、蘇生限界点は技術の進歩によって変わるという見解もあり、臓器移植の有用性が示唆されています。臓器移植でよく取り上げられる問題が脳死であり、移植する場合、心停止した人から提供された臓器を移植するのが圧倒的です