臓器移植とは

もっとも、心臓以外は心停止後でも臓器移植は不可能ではないのですが、実際のところ難しく、その実績かありません。
基本的に、臓器移植とは、臓器が再生不可能な機能不全の状態になった際、それを移植で治そうというものです。
家族など生きている人からする臓器移植については、世界でも一番沢山行われている腎臓が有名です。
ただ、臓器移植と言うのは、人間の尊厳にかかわるものなので、様々な問題提起がなされています。
しかし、臓器移植の場合、家族などの生きている人から提供を受ける場合があり、色んなところで物議を醸しています。臓器移植は、非常に難しい問題で、近年、日本でも様々な問題が浮き彫りされていて、議論を呼んでいます。
そして、脳死で臓器移植をする場合には、意思表示カードなど、提供される方の意思確認が必要になってきます。
どうしてもそうしなければならなくなった時に、最終的に処置する処分というのが、臓器移植ということになります。
先進国においては、臓器移植は、一般的に、ドナーの順番待ち制度を組んで行われています。
ただ、ドナーの数は少なく、順番待ちリストに従っていると、いつまでも臓器移植が受けられないというのが現状にあります