臓器移植での拒絶反応

臓器移植に関しては、様々な問題が懸念されていますが、術後で一番心配なのが、拒絶反応という問題です。
この臓器移植の拒絶反応を抑えるには、術直後に、タクロリムス、サイクロスポリン、ステロイドなどの免疫抑制剤を投与すると良いといわれています。
臓器移植の際、リンパ球が、移植された他人の細胞を外からの異物と判断し、破壊しようとするから、拒絶反応が起こるのです。
あるいは、臓器移植の際、放射線を照射し、リンパ球の働きを弱めてから輸血をするようにしています。
つまり、臓器というのは、意識を伴っているから、臓器移植で、拒絶反応が起こるというわけです。
魂というのは、金太郎飴のように一様な存在ではなく、多重構造になっているので、臓器移植をすると、拒絶反応を起こしやすくなります。
本人が十分に納得していない段階で臓器を取り出して他人に臓器移植すると、霊体の一部も他の人に移植されることになります。
なぜ、臓器移植で拒絶反応が起こるのかというと、リンパ球が自分の細胞と他人の細胞を見分けるからです。
臓器移植した人が、あまり長く生きられずに死んでしまうのは、この拒絶反応によるものとされています。
急性の臓器移植の拒絶反応の症状は、風邪に似ていて、発熱や、全身倦怠感などの症状が出てきます。