臓器移植での倫理

脳死は人の死ではないという考え方を持つ人にとって、臓器移植は、倫理に反するものになります。
どちらもが尊い命であることに変わりはなく、二人の命に軽重をつける臓器移植は、おかしな考え方と言えます。
重篤な患者を愛する気持ちは尊いものですが、臓器移植をするにあたっては、倫理上、双方の愛に順位はつけられません。
心拍のある脳死状態は個体死ではなく、そうした状態で行う臓器移植は、倫理上、許されません。
脳死状態の生体から臓器を摘出し、死に至らしめる臓器移植という行為は、殺人行為と何ら変わりません。

臓器移植をする場合、受ける側も提供する側にも、どちら側の親や家族があり、命の重さは同じです。
他人の子の命はどうでもいいという利己主義な愛が、臓器移植にはあり、それは許されないことです。
死は心臓の鼓動が停止し、霊魂が肉体から完全離脱したときをいうのであり、脳死での臓器移植は、まさに神に対する冒涜です。
極端に言えば、臓器移植というのは、他人が脳死状態になることを望んでいるのと同じことです。
そしてその主体は霊魂にあり、肉体は霊魂の容器であることを、臓器移植では、認識する必要があります。