肌を保湿する際の注意点について

適切な洗顔料と洗顔方法で顔を洗うことが、肌の保湿力アップには忘れてはいけません。起床時の洗顔は、軽くパシャパシャと洗うことで、肌にいい刺激を与えることができます。反対に夜は、静かに顔全体を両手で優しく包み込むように軽くおさえ、ゆっくりと深呼吸をすると気持ちもリラックスでき、ハンドマスクによってしっとりとした保湿効果が得られます。顔の保湿のためのお手入れは、洗顔直後に行います。保湿に効果的な入浴をすることで顔だけでなく全身の保湿効果も得られますが、そのためには、湯温はややぬるめにするといいでしょう。全身を洗う際には、石鹸の使いすぎや固いボディブラシなどでのこすりすぎは厳禁です。お肌を守る角質層を剥いでしまったり、肌を傷めてしまう可能性があります。こすらず、手のひらや柔らかいタオルで、泡を使って洗うといいでしょう。保湿性の高い入浴剤も販売されていますので、使ってみてもいいでしょう。入浴後の肌は水分を含んで潤っていますので、水分が飛んでしまう前に保湿にいいローションやオイルを使います。スキンケアに重要なことは、劇的な変化がなくても毎日地道なお手入れを継続することです。ナイロンやポリエステルなど合成繊維の服は静電気が起きやすいですが、乾燥気味な肌にはかゆみが出ることがあるので、特に冬場は天然繊維がお勧めです。加湿器を賢く使うことも乾いた空気から肌を守ることができます。また、運動をすることで汗を分泌し、肌に適度な湿気を与えて乾燥防止をはかることもできます。食生活とともに、適度な運動を習慣にすることも肌保湿のためのスキンケアには大切なポイントです。