糖尿病網膜症高血圧

さらに、糖尿病網膜症高血圧では、硬性白斑においては、黄斑部に星芒状白斑を形成する場合もあります。
そして、喫煙は、網膜に対する高血圧の有害作用が増大するので、糖尿病網膜症高血圧の人は避ける必要があります。糖尿病網膜症高血圧は、高血圧に起因する網膜血管の損傷により起こるものとされています。
他の糖尿病網膜症高血圧の変化では、数年にわたる血圧上昇が、結果的に起こったりします。
その症状は後期に現れるのが特長で、糖尿病網膜症高血圧の眼底検査においては、細動脈の狭細化、動静脈血管狭窄、血管壁の変化、火炎状出血などを診ます。
動脈硬化性の糖尿病網膜症高血圧の変化としては、動脈の反射が高まり、静脈が太くなって蛇行する、などがあります。
また、糖尿病網膜症高血圧では、急性の血圧上昇により、網膜血管に可逆性の血管狭細化が生じる場合があります。
高血圧と糖尿病との合併によりなる、糖尿病網膜症高血圧は、視力障害の危険が大幅に増加するので、危険な病と言えます。
その変化として、糖尿病網膜症高血圧は、動脈が細くなるので、血圧がかなり高くなると、出血や白斑、網膜のむくみ、視神経のむくみなどが生じます。

糖尿病網膜症高血圧の特徴としては、疾患がかなり進行しない限りは、無症状であることです