糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の初期の段階である単純網膜症の場合は、その治療として、内科的な血糖コントロールを施します。
血糖コントロールをする場合は、とにかく自分勝手に食事制限や、有酸素運動を行なわないことが、糖尿病網膜症のためにも大切です。

糖尿病網膜症は、糖尿病の可能性が否定できない、もしくは、糖尿病がかなり疑われる、と診断されたときのタイミングがとても大切になります。
単純糖尿病網膜症の段階では、血糖コントロールと共に、眼科的治療として、薬物療法をすることがあります。
血糖値を下げると言っても、自分の判断で急に下げることは危険で、それで糖尿病網膜症が悪化したり、視神経が萎縮することもあります。
その心がけこそが、糖尿病網膜症の早期発見につながり、早期の治療で解決することにつながるのです。
そして、糖尿病網膜症により起こる網膜の出血も、小さなものなら、消えることすらあります。
そして、糖尿病網膜症の次段階である、増殖前網膜症に進行すると、血糖コントロールだけでなく、レーザー光凝固療法という治療を行ないます。
そうした血糖コントロールにより、糖尿病網膜症の進行をくい止めることができるので、ほとんどの症状を治療できます。
新生血管はもろく、すぐに出血することから、糖尿病網膜症では、おおがかりな治療が必要になってくるのです