糖尿病網膜症の検査

糖尿病網膜症は、ある程度進行すると、途中から糖尿病を治療して血糖値が正常に戻っても、改善することはありません。
網膜に異常があるかどうかを調べるため、糖尿病網膜症では、まず、眼底検査をして調べます。
そのため、糖尿病網膜症の検査、そして発症予防や進行の抑制こそが、大きな治療目標になるのです。
糖尿病網膜症の病状が進んだ段階では、出血も増えて、白い斑点や浮腫が現われてきます。

糖尿病網膜症は、糖尿病の人が発病してから5年以上経過した時には、眼底検査を受けることが大切です。
そして、糖尿病網膜症の検査で眼底検査を行なうと、初期の段階では、網膜の毛細血管に小さな動脈瘤や小さな出血が見られます。
糖尿病網膜症に関しては、急激に進行するものではなく、数年から10年以上かけて少しずつ進行していきます。
そして、糖尿病網膜症で軽度の硝子体出血が起こると、かすみや飛蚊症などが起こるようになります。
高度の硝子体出血が糖尿病網膜症で起こると、今度は視力低下を自覚するようになります。
糖尿病網膜症が進行すると、網膜剥離に相当する部位の視野欠損が自覚されるようになるので、早目の検査が重要です。