糖尿病網膜症のレーザー治療

糖尿病網膜症は、網膜の毛細血管が詰まって、網膜の血流の悪い部位が現れ、網膜の酸素不足が生じる病です。
網膜の小さな血管が傷んでいく病気が糖尿病網膜症なので、網膜血管に小さいこぶや、傷んだ毛細血管から血液中の水分や脂肪が漏れることがあります。
そして、糖尿病網膜症のレーザー治療では、一部分の網膜にだけ照射するという方法もあります。
糖尿病網膜症に対する有効な薬がない今、糖尿病の初期からの血糖と血圧のコントロールが何より大切になります。
要するに糖尿病網膜症のレーザー治療は、酸素不足に陥った網膜を間引くことにより、眼内の酸素の需要を減少させるのです。

糖尿病網膜症では、むくみを減らすために、毛細血管瘤とむくんだ網膜に対してレーザーを照射します。

糖尿病網膜症では、中心部以外の血流の悪い部分にレーザーを照射して、網膜を凝固するのです。
それ以外にも糖尿病網膜症でレーザー治療をすると、明るさの感度が鈍って、薄暗いところは見えにくくなるなどの現象も起こります。
そして、糖尿病網膜症のレーザー治療を受けている最中は、目の奥に火傷を作る状態になるので、目の奥に痛みや頭痛を生じることがあります。
そして不幸にして糖尿病網膜症が発症した場合は、適切な時期にレーザー治療をすることが次に大切になります。
そうしたケースでは、糖尿病網膜症で、黄斑部の機能のダメージがかなり進んでいる状態であると言えます。