突発性難聴の痛み

基本的に突発性難聴の症状として考えられるのは、耳鳴り、めまい、聴力の衰えなどなのですが、痛みを感じることもあるのです。
また、突発性難聴からくる痛みというのは、ひどくなると、動けなくなったりする場合もあり、非常にやっかいです。
頭痛は頭が重いような感じではなく突発性難聴の場合、疼くような痛みがあります。
痛みというのは、突発性難聴の中ではあまり知られていない症状なのですが、痛みが出た時は、すぐに医者に診てもらう必要があります。
痛みは、突発性難聴の主症状ではないのですが、時に痛みを感じることもあるので、注意しなければなりません。
風邪をひいて耳が痛むこともあり、耳が痛くなる病気はたくさんあるので、痛くなったからといって突発性難聴とは判断できません。
たまに耳の痛みを訴えるケースが突発性難聴にはありますが、急に耳が痛くなったからと言ってそうとは限りません。

突発性難聴は、様々な症状が考えられ、2週間程くらい前には、風邪と似たような症状がでます。
中耳炎などでも耳は痛くなるので、突発性難聴は、単に痛みがあるからと言って、判定はしません。
また、突発性難聴にかかる1週間くらい前には、頭痛の症状がでてくる場合があり、薬を飲んでも全く効かず、喉の痛みから頭痛へと移行します。