突発性難聴とライブ

つまり、メニエール病の場合、突発性難聴と異なり、何度もめまいを繰り返すという症状があります。
一般的に、突発性難聴になると、耳の聞こえが一気に悪くなり、全く聴力を失うこともあります。
そして、ロックコンサートなどのライブで、大きな音量の音を聞いたりしても、突発性難聴になります。
ライブを長時間聴いた後、その直後に強い耳鳴りを感じて、突発性難聴になることは珍しいことではありません。
恐ろしい病気が、突発性難聴であり、一般の人が例えば、ライブなどに頻繁に出かけていると、そうなる可能性があります。
そうした突発性難聴の症状は、急性感音難聴とも言われていて、いわゆるライブなどによる音響障害の一種ともされています。
感音難聴がある日突然、片方の耳におこるのが突発性難聴であり、症状としてはメニエール病に似ている部分があります。
ライブ活動により、浜崎さんが突発性難聴になったということは、誰もがそうなる可能性を秘めています。
とにかく、ライブで大きな音だけを聴いていると、頭が痛くなり、突発性難聴になる可能性があるので要注意です。
浜崎さんの突発性難聴は、大きく報道されたことで衝撃が走り、ライブによる耳の悪影響が懸念されています。