癌ワクチン療法

癌ワクチンといっても、予防を目的としたもの、癌細胞を破壊させるものと様々なタイプのワクチンがあります。
しかしながら、最も多いとされるHPV16型、18型が対象となっている癌ワクチンなので、かなりの効果が期待できるのではないかと思います。
もちろん、子宮がんにもさまざまなタイプがあり、この癌ワクチンを受けても全ての子宮がんが予防されることはありません。
今後より一層研究が進むことにより、全ての患者に効果のある癌ワクチンの開発も行われるのではないでしょうか。

癌ワクチンで、癌細胞を破壊させるタイプのワクチンにも様々なタイプがあります。
また、がん抗原タンパクワクチンは、がん抗原ペプチドを生成する原料となるタンパク質を体内に増加させる癌ワクチンです。
このため、この自家癌ワクチンは、すでに手術を行った人のみが、使用できることとなりますが、オーダーメイドのワクチンのため高い効果が期待されています。
癌ワクチンを含み、癌治療のための様々な治療法が確立されれば、完治できる癌も増えてくるかもしれませんね。
しかしながら、医学の進歩で研究も進み、現在では多くの癌ワクチンの治験が行われています。
これは、性交渉で感染するウィルスを癌ワクチンによって予防してくれるものですね