癌ワクチンの病院選び

癌ワクチンは、癌治療法の中でも近年研究が進んでいる癌免疫法のひとつです。
ペプチドワクチンと呼ばれる癌ワクチンは、手術や放射線治療などを行った上で再発したり、また進行癌の患者に使用されます。
実際にはまだ全ての患者に効果がある癌ワクチンではないため、多くの病院や研究施設で研究、治験が行われています。
癌ワクチンと一言で言っても、実は様々な種類のワクチンが存在するのですね。
ペプチドワクチンの原料は化学合成品となりますが、自家癌ワクチンは、患者自身の組織が原料になるのが大きな違いです。
これまで自家癌ワクチンの作成には、どのように癌細胞を患者から取り出すかが問題だったのですが、手術で切り取った癌細胞を使用することができることが分かりました。
ただし、手術の際に癌細胞を切り取るため、自家癌ワクチンを使用することができるのは、手術をすでに行った患者のみとなります。
患者自身の癌細胞を使用するため、自家癌ワクチンは、副作用も少なく、また効果的に癌細胞を攻撃することができるとして注目を集めています。
また、現在研究段階の癌ワクチンが多く、全ての病院で治療が受けられるのではないようです。

癌ワクチンは、病院で通常の治療を行ったにもかかわらず、効果が出ない患者が対象となります。