癌ワクチンと免疫

しかしながら、最近では医学の進歩もあり、新たな免疫療法として癌ワクチンの開発が進められています。
癌ワクチンもまだまだ研究段階のワクチンが多く、全ての病院でこの免疫療法を受けるのは難しいようです。
これは、自家癌ワクチンと違って、化学合成物が原料となりますが、自身の免疫力を高め、癌細胞を攻撃します。
癌ワクチンの中で、患者自身の癌細胞をワクチンとして使用する方法があります。癌ワクチンに関して、ブログやサイトなどで調べてみると、現在多くのワクチンが研究、開発されていることが分かります。
これは、自家癌ワクチンと呼ばれていて、手術の際に病理解剖に使用した癌細胞を使っています。
ただし、こちらは自分に合ったペプチド癌ワクチンを見つける必要があり、現在多くの人にあうワクチンの開発が進められています。

癌ワクチンには、他にも抗原ペプチドを取り入れるワクチンがあります。
しかしながら、自家癌ワクチンは、癌の転移や再発防止に効果があるとされており、今後のさらなる研究が期待されています。
癌の治療と聞いてまず思い浮かぶのは、手術や放射線療法ですが、これらの治療法に効果がない場合に使われるのが癌ワクチンなどの癌免疫療法です