癌ワクチンとペプチド

しかしながら、現在では癌ワクチンは多くの病院や研究所での研究、治験も進んできており、効果が期待されています。
通常、癌治療には、手術、放射線療法、化学療法などがあり、第4の癌治療法として癌ワクチンなどの癌免疫療法があります。
しかしながら、癌ワクチンが開発される以前の癌免疫療法には患者によって効果が大きく分かれてしまい、実際の治療で使われることは少なかったようです。
この癌免疫療法は現在の癌ワクチンだけでなく、古くから研究が重ねられてきました。
人間の身体には元々癌細胞を攻撃する細胞傷害性T細胞があるのですが、癌細胞が増殖してしまうとどうしても数が足りなくなります。
本来、人間の身体に備わっている免疫機構をペプチドワクチンという癌ワクチンによってさらに利用し、癌治療を行います。
つまり、癌ワクチンは、通常の治療をすべて行った上で再発した場合、あるいは進行した場合に使われるのですね。

癌ワクチンにもたくさんの種類がありますが、ペプチドワクチンというのを聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。
また、自家癌ワクチンは、癌細胞そのものを攻撃するのですが、がん抗原ペプチドは細胞傷害性T細胞を増殖することで癌細胞を攻撃します。癌ワクチンは、最新の癌免疫療法として、近年、研究が進んできています。