甘皮処理の方法

ジェルネイルなど、ネイルアートを行う際にはやっておくべき処理の一つです。ジェルネイルの場合、爪にフィットしやすく長持ちすると言われています。しかしこの甘皮処理をきちんとやっておかないと、そうはいきません。ジェルネイルをサロンではなく自分でやってみるとしばしばそういうことが起きてしまいます。そこで普段からこの甘皮処理をやっておくことをおすすめします。爪にも良いし、ジェルネイルを試すときにも困らないと言うわけです。簡単にその方法をご紹介します。
まず幾つかの道具と溶液がいります。
溶液はキューティクルリムーバ(またはキューティクルクリーム)、キューティクルオイル
道具はコットンを巻いたウッドスティック、ステレンスプッシャー、ガーゼ、キューティクルニッパーです。
最初にリムーバーを少しずつ甘皮につけ、馴染ませます。その指をぬるま湯にしばらくつけ、甘皮を柔らかくふやかします。爪の周りの汚れや油分を落としておきます。コットンスティックを爪の脇から根元に円を描くようにして薄皮を押し上げます。プッシャーも同じように使います。こちらは金属なので、皮膚や爪を傷つけやすいものです。力を抜いて優しく押してください。ガーゼで薄皮をこそげ落とします。前のスティックやプッシャーと同じ要領でやると、きれいに取れます。ここで取れなかったささくれや甘皮をニッパーで処理します。切るというよりつまんで切断するようにしてください。
仕上げはオイルを塗って油分を補充し保湿します。すり込むようにマッサージすると良いでしょう。