犬の秋の抜け毛

秋の抜け毛って、人間だけかと思っていたのですが、犬などの動物でも抜け毛が増える時期なんですね。
柴犬やポメラニアン、レトリバーなどがダブルコートと呼ばれる犬種で、飼う場合には春と秋の抜け毛に気を付ける必要があります。
通常、一日に100本ほどの毛が抜けるそうですが、秋の抜け毛はその2倍、200本程度が抜けるんだそうです。

秋の抜け毛が増えるのは、全ての犬ではなく、犬種によっては換毛期と呼ばれる抜け毛の時期がない犬もいます。
高齢の犬の場合も秋の抜け毛の時期が年齢の若い犬とはずれることがあるようです。
犬の毛は寒さから身を守る目的がありますが、温暖な地域ではその必要性がなくなったんでしょうね。
そしてこの換毛期は春にもあり、換毛期のある犬種は春と秋の抜け毛が多くなることになります。
びっしりと密集した冬の毛になることで、体温を調整し、寒さから身を守っているんですね。
このため、秋の抜け毛の時期は犬を飼っている地域や室内で飼っているか屋外で買っているかなどの条件によって違ってくることがあります。
春と秋の抜け毛がなく、年間を通じて少しずつ毛が抜け変わるのはシングルコートと呼ばれる毛が硬い上毛のみの犬種です。