犬の白内障

涙を流しやすい犬は、こまめに飼い主が目の周囲を清潔にし、白内障を予防してあげましょう。白内障は人間だけでなく、犬も患う眼の病気です。
ですから犬が白内障の手術を受けたら、飼い主はきちんとケアをしてあげてください。
しかし、それでも、犬が白内障を患うと、普段なら上れていた階段が上れなかったり、物にぶつかりやすくなったりします。
犬も人間同様、白内障の手術後、合併症を引き起こすことがあるからです。
白内障を犬が患わないためには、予防が必要です。
眼の中にある水晶体が濁る病気が白内障で、犬の場合は遺伝的要素も原因の1つとされています。
ですから早い段階で犬の白内障を発見し、症状が進行しないように、早めに病院へ行くようにしてください。
人間の白内障もそうですが、早期発見早期治療が重要になるので、飼い主は犬の様子に気を配るようにしてください。
犬の白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを眼に入れるという手術になります。
そして犬の場合、白内障を患っていても、なかなか飼い主が気づかない場合が多いのだとか。
白内障で犬が手術を受ける場合、気になる費用は片目が20万円程度になるようです。