犬につくマダニ

散歩に出ると、どうしても草むらへ草むらへと近付きたがり、マダニを自宅に連れ込む一番の原因となってしまいます。
それが今のところ犬にとっても飼い主にとっても最良のマダニ対策だと思われます。
けれど、犬だってマダニが付けば、痒くて貯まりませんし、ともすれば命を落とす事だってあるのです。
他にも犬と飼い主のためのマダニ対策はいろいろありますから、今から関連のブログやサイトで情報収集し、今年は万全の体制でお散歩を楽しみましょう。
なので、犬を散歩させる際は、なるべく市街地の生活道路を歩き、川沿いの堤防や田畑のあぜ道は避けるようにされるといいでしょう。
本当に犬の事を思うのであれば、絶対に草むらには近づけないようにするべきでしょう。

マダニは草の根っこ部分ではなく、先端部に潜んでいて、犬や人間の臭いを嗅ぐと、一気に飛び付いて来ます。
ですから、犬を草むらへ入れなければマダニが予防出来るというものではありません。
草むらの脇を歩く事自体非常に危険なのだという事を認識する必要性があるんですね。
常日頃から清潔にし、なるべくマダニの生息域には近付かないようにするのが大事です。
しかし、犬というのは困ったもので、草むらが本当に好きですからね。
勿論、真夏の夜の散歩が悪いという訳ではありませんが、その場合は、出来る限り周囲に草むらのないアスファルトの散歩コースを犬も人間も歩くようにしましょう。