爪の形

近年急速に広まっているジェルネイル。爪の強化コーティングから人工付け爪の作成まで幅広い用途に使えるため、老若男女全てから注目を集めています。
アクリルの合成樹脂を爪に乗せ、UVライトで紫外線を当てて固めます。ですので、爪が弱いかたにもコーディングとして使えるのです。爪が短い方でも人工付け爪を楽しむことも出来ます。自分の爪を思った形に見せる事が出来るのです。
ではその爪の形によって与える印象を簡単に紹介します。
まずはたまご型です。オーパルと言われています。爪の形を整えるとき、多くの人がこの形にします。指先が自然で柔らかく、優しい感じがするのです。そのため、女性らしいイメージとなります。大きな爪や、男性的な指をしている人にお勧めの形です。
次が、だ円型です。ラウンドと呼びます。オーバルよりも先端部分が平らになった形です。指先が細く長く見える効果があります。そのため手が美しく見えます。平たい爪の人や、詰めの小さい人がこの形にすると、上品で優雅な印象となります。
3つ目がスクエアオフ。四角い形で角が丸くなっています。日常生活をする上では衝撃に一番強いものだと言う話です。長く爪を伸ばす人はこの形にすることが多いのです。長く伸びた爪はやはり衝撃に対して指先を守るどころか打撃を与えかねません。
ほかに爪先を細く尖らせたポイント、スクエアという4角い形の角をそのまま残したものがあります。どちらも日常では不便なことが多い形です。