東京大学で研究が進む癌ワクチン

癌ワクチンは、現在はまだ研究途中のものが多く、この癌ペプチドワクチンも同様で、東京大学医科研究所などで臨床試験が行われています。
癌患者の今後の治療にとって希望となるであろう癌ワクチンが世論に訴える力の大きい新聞によって妨げられてしまうと、治る癌患者も治らなくなってしまいます。
この記事だけを見ると薬害エイズ事件のように癌ワクチンを考えてしまいそうなのですが、実際は少し異なります。
東京大学医科学研究所での癌ワクチンの研究をブログやサイトで調べてみると、2010年10月のある新聞の記事が気になりました。
癌ワクチンは、手術や抗がん剤、放射線療法などと並ぶ治療法として期待されています。
実際にはこのような事例は初めてというわけではなく、以前にも癌ワクチンの投与で消化管出血があり、関係者の間ではすでに共有された事実でした。
ただ、気になったのは、この記事が元で癌ワクチンの研究が停滞してしまうのではないかということです。
ただし、同じタイプのペプチドを投与する必要があるため、現在、多くの人に合う癌ワクチンの開発が東京大学などで進められています。
東京大学医科学研究所で研究が進められているペプチド癌ワクチンというのは、一体どのようなワクチンなのでしょうか。癌ワクチンの中でも、ペプチドワクチンの研究で知られているのが東京大学です