小児歯科治療と虫歯

実際、小児歯科治療のお医者さん達は、虫歯治療の際、子どもを抑えつけたりして、たいへんらしいですよ。
痛くないように小児歯科治療で虫歯を治せるといいのですが、そうもいかないでしょうし。
それでいて子どもは歯磨きを嫌がったりしますから、小児歯科治療での虫歯治療がやはり必要だったりします。
虫歯以外には、たとえば、歯並びの矯正などというのも、小児歯科治療の仕事の一つです。
子どもはお菓子が好きですから、小児歯科治療で虫歯を治すのはよくあることです。
子どものころ、痛くて乳歯を抜きたがらず、永久歯が曲がって生えてきて、小児歯科治療で歯並びを矯正することです。
また、乳歯の虫歯を小児歯科治療もせずに放っておくと、永久歯にも影響が出るようですよ。

小児歯科治療ですが、虫歯を治療する前に、知っておかなければならないことがあります。
というのも、乳歯は永久歯と比べて、虫歯の進行が早く、痛みが出にくいんだそうです。
でも、もしかしたら小児歯科治療より大事かもしれないものは、虫歯の予防です。
小児歯科治療とはいいますが、虫歯を治療することより、虫歯の原因を取り除くことが大事だと言います。
そして、最も効率的なのは、小児歯科治療以前に、虫歯にならないようにすることなんですね。