小児歯科治療で歯の矯正

子どもはお菓子が大好きな半面、歯磨きなどをしっかりしなかったりしますから、小児歯科治療で虫歯を治したりします。
よくあるのが、乳歯を抜くと痛いので、そのままにしておいて、永久歯が曲がって生えてくるというものです。
小児歯科治療で虫歯のほかによく行われているものに、歯並びの矯正があります。
ある歯科医院の小児歯科治療における歯の矯正は、部分的なものでも10万円から40万円。
今子どもをお持ちの親御さんも、小児歯科治療の歯並び矯正といってもピンとこない場合があるようですね。

小児歯科治療で歯並びを矯正しなかった場合、どういうことが起こるかを調べました。
小児歯科治療での矯正を行わないと、歯並びが悪ければ、食べるときにあまり噛まず、あごが細くなります。
わたしも歯並びがいいと言われるのですが、ブサメンでも、歯を見せて笑うと印象がいいらしいです。
かつての日本では、小児歯科治療は虫歯の治療が中心で、歯の矯正などはややネガティブなイメージがあったとのことです。
そうなると、発音があまりできなくなったり、歯磨きがしにくくなったり、肩や頭が痛くなることさえあるそうです。
日本もかなり欧米化した生活を送っていますから、小児歯科治療での歯の矯正も、浸透してきたみたいですね。
ただ、まあ、小児歯科治療の歯並びの矯正は、お金の方は結構かかるようですよ。