安心期

禁煙を続けていてもこの安心期と言われる時期に再びたばこを吸い始めてしまう人が多いのです。
安心期と言われる時期は禁煙を始めてから1~2週間と言われています。
この頃になれば禁煙の効果が表れ始め、喫煙欲求がだいぶ弱まります。
しかしながら、まだまだニコチン依存から抜け出せている状態ではないということを知っておきましょう。
毎日喫煙をしていた人からしてみれば、1~2週間の禁煙でもとてもすごいことに思えます。
そのためこの安心期に1本ぐらいなら大丈夫だろうと吸ってしまう人が多いのです。
今まで我慢できたのだから、1本吸ってもすぐに禁煙ができると思いがちです。
しかしまだニコチン依存の体であるということを忘れてはいけません。
1本吸うとコントロールがきかず、2本・3本と続いてしまいます。
自分に限ってそんなことはないと思うかもしれませんが、この時期に禁煙に失敗する人が全体の3割もいるのです。
せっかくここまで我慢できたのに、1本吸ってしまうことで全てが無駄になってしまいます。
ダイエットなども同じです。ちょっとした気の緩みでリバウンドしてしまいます。
ここまでの効果を持続させるためにも、安心期を乗り越えなければならない壁になります。
この時期こそ気を引き締める必要があります。
たばこを吸いたくなる状況は作らないようにしましょう。
例えばお酒を飲んだり、ご飯の食べすぎたりは覚醒度を下げるので避けた方がいいと言われています。
またしっかり睡眠をとることも大切です。