増殖性糖尿病網膜症

また、増殖性糖尿病網膜症の治療には、黄斑部を除いた網膜全体に行なう汎網膜光凝固と、新生血管がある部分の網膜だけに行なう局所網膜光凝固があります。
増殖性糖尿病網膜症は、病変が硝子体にまで及んだ網膜症のことを指し、この状態になると、閉塞した血管は再開通することはありません。糖尿病網膜症には、増殖性網膜症があり、これは、その進行段階を現しているものです。
これが網膜を引っ張るので、眼底からはがれる網膜剥離が起きて、ものがゆがんで見えたり、視力が極端に低下してきて、増殖性糖尿病網膜症に至るのです。
新生血管が網膜上で出血を起こすことを眼底出血といい、硝子体出血が起こると、視力が低下することから、増殖性糖尿病網膜症になると言われています。
網膜剥離が黄斑部でおこると増殖性糖尿病網膜症で、失明してしまうので、危険です。
糖尿病の内科的コントロールとは無関係に、増殖性糖尿病網膜症は進行していきます。
そして、増殖性糖尿病網膜症では、網膜の血管が閉塞して、網膜の一部に血液の供給されない部分が生じることで、その代りに、新生血管が出現するのです。

糖尿病網膜症で、増殖網膜症の場合、保存的治療はほとんど無効になり、レーザー光凝固や網膜冷凍凝固、硝子体手術が必要になります。
増殖性糖尿病網膜症は、網膜が血流不足になり、網膜に新生血管が生じることで発症します。
増殖性糖尿病網膜症は、単純網膜症を発症してから、数年を経過して始まります。