再発に有効といわれる癌ワクチン

ただ、これまでもう治療ができないといわれてきた患者にとって癌ワクチンというのは、大きな希望となるのではないでしょうか。
これまでの研究では、自家癌ワクチンの投与によって、再発率の高いといわれる肝がんの再発も抑制されていると報告されています。
一度手術などを行い、治療しても再発してしまうことがあり、そのような場合に癌ワクチンが有効とされています。
癌ワクチンでよく知られるがん抗原ペプチドなどは、癌細胞をターゲットとする免疫細胞となる細胞傷害性T細胞のみを増殖させます。
現在もまだ研究が進められている癌ワクチンが多いため、治験という形で治療を行っている病院や研究所もあります。

癌ワクチンの治療を希望する場合には、免疫療法に詳しい病院を選ぶ必要があります。
癌ワクチンは、免疫療法の一つなのですが、癌細胞に対抗する免疫細胞の働きを活発化することで残った細胞を攻撃してくれるのです。
この自家癌ワクチンは、すでにがん手術を受けた人が対象となりますが、再発防止に大きな効果があるといわれています。
また、放射線療法などに比べても、癌ワクチンは副作用が少ないのではないかと思います。
再発の恐れの高い癌ですが、癌ワクチンの研究がさらに進み、多くの再発を防止できる日も来るのではないでしょうか