体温を上げるとは

即ち、ダイエットとして私なんぞは捉えてしまうのですが、これはとんでもなく安易な考えなんですってね。
勿論、今でも風邪を引いたり、インフルエンザに感染したりすると、体温は上昇します。
体温を上げると病気になるんじゃなくて、病気になりにくくなるというのは、正直我々世代にはビックリですよね。
ところで、私たちが子供の頃は、熱が37度以上あれば学校をお休み出来るみたいなところがあったのですが、今はどうなのでしょうか。
体温を上げるという事は、そんな単純な話ではなく、健康維持には必要不可欠な事なのだそうですよ。
しかも、最も理想の体温は37度前後だというのですから、さらにビックリです。
なんと、体温が高いと病気なんじゃなくて、体温が低いと病気なんです。
実は私も、時より体温が36.2度位まで下がる事があって、元気な証拠だと思っていたのですが、これがとんでもない勘違い。

体温を上げる事が、今の日本人に何故必要なのかというと、それは体温の低い人が多いからです。
実は実は、体温が1度下がると、体内の免疫力は30パーセントも下がると言われていて、体温を上げる事でそれを防止出来るんですねぇ。
ただ、それは38度を超えるような所謂高熱になってはじめて病気だとされるようで、37度位までは体温を上げる事を考えた方がいいというのですから驚きです