マンション管理士

マンション管理士というのはマンションに関わる色々な知識をもっていて、マンション管理組合を運営したり、建物の問題を見たり色々とマンションについて管理をしている人たちのことをマンション管理士といいます。マンション管理士というのは2000年にできた新しい資格なのですが、マンションの運営をするのに役立つ資格として国家資格の一つとして新しくできた資格です。マンション管理士の試験は平成12年の12月にできたのですが、マンション管理士の試験が平成13年に行われた時には10万人弱の受験者が受験して、合格率は7パーセント台という比較的低い合格率ということでなかなか難しい国家資格として誕生しました。国家資格のマンション管理士の資格を持っている人は、今マンションが増えつつある中でこれからもニーズが高まっていく資格として必要視されています。分譲マンションは今増えつつあり、何と全国で毎年20万戸以上は建築が包んでいるという状態だそうです。そんなマンションを管理するには、やはり専門の知識を持っていて専門の資格を持っている人が必要になってくると思いますから、マンション管理士という資格は必要なのです。
マンション管理士が行う仕事というのは、マンションで起きた様々なトラブルに対して対処したり、トラブルを未然に防ぐというのが仕事です。マンションには大勢の人が一緒に住んでいますからそれなりのトラブルはかなり増えています。マンションのトラブルを未然に防いだり、解決をするということがマンション管理士の資格を持っている人の仕事になります。他にも、マンション管理士の資格というのは、いかにマンションの資産価値が落ちないようにするのかとういうことを努力することも仕事の一つです。マンションというのは管理が出来ていないとどうしても資産価値はどんどん下がってしまいます。ですからマンションを管理するために、適切に管理をしなければいけません。マンション管理士は、管理組合を作ったり、入居している人たちにルールをつくったり、アドバイスをしたりするという仕事もあります。マンション管理士は、マンションにいれば安心できるという存在で管理人室にマンション管理士の資格を持っている人がいればすんでいる人も安心です。マンション管理士の資格をとるということは、これからマンションがどんどん増える時代になりますから、ニーズが高くやりがいのある仕事として活躍することが出来ると思います。