マダニによる感染

しかし、運悪くマダニに噛まれて感染してしまうと、命に関わる症状を引き起こすことがあります。
犬などの散歩やハイキング時にはできるだけ肌の露出を避けてマダニに噛まれないようにしましょう。
マダニに一度噛まれたら、1、2週間、長いものでは1ヶ月近くも体に付いたままというのが大きな特徴です。
犬やネコなどのペットを飼っている人はマダニなどの害虫よけをしている人も多いのではないでしょうか。
調べてみると、このダニは、蛛形綱マダニ亜目に属する大型ダニの総称で、節足動物となっています。
マダニが生息している場所というのは、屋内ではなく、草むらや森林などの野外です。
痛みや噛まれたという感覚は特にないようで、何かほくろのようなものが体に付いているなあと思ったら脚が付いていてマダニだったという人がいました。

マダニに万が一噛まれてしまっても必ず感染するということはないと言われています。
日本では、最近になってよく耳にするマダニによる感染ですが、海外ではそれほど珍しい病気ではないそうです。
そして、マダニの感染の疑いが少しでもある時には迷わずに皮膚科などの専門機関を受診することをお勧めします