マダニによる感染の症状

最近では、マダニによる感染症が見つかったこともあり、写真もブログなんかでよく見かけます。
症状だけで自分で判断するのではなく、必ず皮膚科などの専門医に診てもらい、血液検査をするようにしましょう。
なんだかすごく長い名前ですが、ウィルスを持ったマダニが媒介して感染する病気でその名の通り、熱が出て血小板が減少するというものです。
日本でもすでにこのマダニによる重症熱性血小板減少症候群にかかって亡くなった人がいらっしゃいます。
マダニによる感染症には、現在抗ウィルス剤やワクチンはまだ開発されておらず、それぞれの症状に応じた対症療法で治療を行います。
家ダニってかなり小さくてほとんど見ることができませんが、マダニは血を吸うと1センチ以上になるので、見えるんですよね。
中国でもこのマダニによる感染症が認められていますが、関連性はなく、元々日本にあったウィルスだということです。
マダニによる感染症が発症し、症状が進んでいくと、痙攣、意識障害、出血などが起こってきます。
マダニって噛まれてしまったことに気づかないことも多いようで、初期の症状からすぐに判断するのは難しいようです。
口が蚊のような針状ではなくマダニはハサミみたいになっていて、この口と脚とで動物や人の体にしがみついて血を吸います。