マダニとは

マダニとは、家の中にいてアレルギーやアトピー皮膚炎の原因となる家ダニとは違い、森林や山野などの屋外に生息しています。
マダニは、血を吸う前は数ミリ程度の体長ですが、血を吸うことで、1センチ程度に成長します。
写真も色々と紹介されているのですが、確かにマダニって脚が8本あって蜘蛛みたいな感じですよね。
血を吸い尽くしたらマダニは体からポロッと剥がれ落ちますが、その場合でも念のため、皮膚科を受診するほうがいいですね。
このマダニですが、蚊なんかと同じく吸血行為を行うことによって、体が大きくなっていきます。
でも、体にくっついたマダニを無理に引き離すのは危険なので、絶対に行ってはいけないんです。
そして蚊とマダニって同じ吸血行為でも方法が違っているんだそうです。

マダニの口ってハサミのようになっていて、この口器で皮膚を切り裂いて血を吸います。
そして、恐ろしいことに、マダニが一度皮膚に吸いついてから吸血を終えるまでに数日から1、2週間かかります。
無理に引き離すことでマダニの頭が体内に残ったり、体液が逆流したりして細菌感染してしまう恐れがあります。
ブログやサイトなどで調べてみると、蛛形綱マダニ亜目に属する大型のダニの総称なんだそうです。