マダニが運ぶウィルス

マダニというのを聞いたことのある人が増えてきているのではないかと思います。
家ダニとは違い、マダニは草むらなどの屋外に生息していて、散歩したペットに付いたりということがあるようです。
ほくろかなと思ったらマダニだったという人も中にはいるようですが、自分で取るのは危険なのでやめておくほうがいいですね。
そして、お隣中国でもマダニによるウィルス感染症が発生していることが分かっています。
サイトなどでマダニの写真が紹介されていますが、蜘蛛のように脚があって、かなり気持ち悪いです。
まだまだ研究途中のマダニによるウィルス感染症ですが、人から人への感染力というのは低いとされています。
つまり、マダニによるウィルス感染症がインフルエンザのように流行するということはないといえるのではないかと思います。

マダニって、噛まれても痛かったりということはないようですが、体に1週間から2週間程度くっついたままなんだそうです。
そして、このマダニに噛まれると、割合はそれほど高くないですが、ダニ脳炎というウィルス感染症にかかる恐れがあります。
家ダニはほとんど肉眼で見ることができませんが、このマダニは大きくなると1センチほどになるので、しっかりと見ることができます