ヘビに群がるマダニの群れ

でも、最近は個人的な意見として言わせていただくと、少々訳の分からない世の中と言いますかなんと言いますか。
さらに、マダニの生息域である草むらは、ヘビたちにとっても最もメジャーな生息域です。
ところがところが、ヘビのようなは虫類にも住み着いて、人間と同じように吸血しているのです。

マダニは主にほ乳類の皮膚に噛みついて吸血すると思われていますよね。
しかも、犬や猫の毛の中に潜むのと同じように、マダニたちはヘビの鱗の隙間に忍び込み、血を吸いながら生息しています。
実際、ごく稀にですが、動物病院に担ぎ込まれて来るヘビの何割かは、そうしたマダニの被害者になったものだそうですよ。
まあそれ以上に、私はヘビがとにかく苦手なので、草むらには絶対に近付かない事にはしています。
正しく、街の片隅の草むらでは、彼らの生存競争が日々激しく繰り広げられているのです。
考えてもみて下さいよ、献血でも精精400ccしか抜かれない訳ですから、私たち人間にとっても1リットルと言えば大量出血です。
平均10日から2週間住み着き、その間に1リットル以上の血を吸うそうですよ。
でも、これからアウトドアのシーズンを迎えるに当たって、今一度マダニ対策を関連のブログやサイトで確認して、しっかりと確立しておきたいと思いますね。
ヘビやトカゲなどのは虫類をペットとして飼う人が増えていて、新たなマダニ問題になっているのだそうです。