ファーストメールの注意点

今や、結婚活動(略して「婚活」)をしなければ結婚できない時代だと言われています。
婚活を真剣に考えた時、一番に思いつくのは結婚相談所ではないでしょうか。
結婚相談所には、「お見合い仲人型」「データマッチング型」「インターネット型(ブライダルネット)」などがあり、それぞれ独自のサービスを行っています。
近年、結婚相談所に出向く手間もなく、自分の好きな時間に利用できるブライダルネットが人気のようです。
ブライダルネットは、インターネットで好みの相手を自分で検索します。
希望の相手が見つかったら、メールのやり取りからスタートします。
この時気をつけなければいけないのは、ファーストメールの内容です。
まだ会った事のない人にメールするのですから、ある程度の礼儀が必要になります。
あまりまじめすぎるメールでは味気ないからと顔文字を使ったり、軽いノリの文章で書いたりするのは、真剣に結婚を考えている相手からは逆に避けられがちです。
しかし、文章がだらだらと長すぎるのも相手には重たく感じてしまうでしょう。
相手に失礼のないように、読みやすい400文字程度の文章で送るのがいいと思います。
ここでポイントになるのは、なぜ相手に興味を持ったのかという事です。
相手が返事を書きたいと思うように、少し自分をアピールしてみましょう。
自分の書いたメールの内容に自信のない場合は、結婚相談所のカウンセラーにチェックしてもらう事もできますので、利用してみるといいですね。