ファーストクラスの新サービス

ANAは2010年2月、「Inspiration of Japan」と名づけられた新ブランドを立ち上げる予定です。
キーワードには「イノベーティブ(新しい発見や体験)」「際立つ個性」「モダンジャパン(日本発の新しい技術)」の3点が挙げられています。
具体的にはどのような内容なのでしょう。
ファーストクラスの新サービスは、「旅の始まりから終わりまで、1人のためにカスタマイズされた空」をテーマとしています。空港から機内までの全ての過程において「個」を尊重した時間と空間作りを大切にしています。
成田空港の手続きでは、搭乗手続きと手荷物の預かり、保安検査を1つの場所で済ませることができる「ANA SUITE CHECK-IN」と呼ばれるサービスを行います。
出国審査が終わった後は、リニューアルされた空港ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」で時間を過ごします。現在のラウンジに「個」の要素をプラスした空間となっていますよ。
個室で贅沢な時間を楽しむことができます。
いよいよ機内です。新シートは「ANA FIRST SQUARE」と名づけられています。
座席数は8席あり、1-2-1の2列となっています。
シートは高い壁面で囲まれていて、「個」の空間を作り出していますよ。
通路側の壁にはクローゼットが備え付けられていて、スーツやジャケットを入れることができます。大きな手荷物もオットマンの下に収めることができますよ。身の回りをすっきりさせて気持ちよく過ごすことができますね。
モニターも新しくなりました。
今までのサイズ(15インチ)より大きくなり、23インチのタッチパネル式で、パネル1つで様々なサービスを利用することができます。チャンネル数も多く、iPodも繋げることができるので、機内で退屈に感じることはないでしょう。
ファーストクラスでは、より細やかなサービスを受けることができますが、自分に構ってほしくない時もありますよね。
新サービスでは「Do Not Disturbライト」が設置されています。
このライトを付けておけば、必要最低限のこと以外は話しかけられることもありません。ここにも「個」の空間を大切にしようとする心が伝わりますね。