ハードディスクのデフラグ

ハードディスクはパソコンのデータを保存するために、なくてはならないものです。
その構造はCDと同じ円板が高速回転しているものです。
機械ですから、いつかは壊れてしまいます。
ハードディスクの中に作られるファイルの構造は、一番頭にドライブと呼ばれるものがあり、その下にフォルダやファイルというものが階層構造になっています。
しかし、ハードディスクの中ではそれらのファイルが整然と並んでいるわけではありません。
パソコンを使用している間に、あっちこっちが虫食い状態になってきます。
ファイルを削除した時に、そのファイルがあった場所を更地にして再利用するのではなく、取り敢えず「未使用」という札を立てるだけなのです。
新しいファイルは別の更地に作られます。
このようにして、更地が少しずつ減っていくのです。
ですから、「未使用」札の立った場所を更地に戻すという作業が必要になってくるのです。
これをハードディスクの「デフラグ」と読んでいます。
買ったばかりの時は、デフラグをする必要はありませんが、ある程度使いだしたら、定期的に行った方がよいでしょう。
それによって、システムの動作時間が早くなることもあります。
削除と作成の回数が多くなれば、それだけデフラグが必要になります。
最新のパソコンであれば、実は自動的にデフラグを行っています。
定期的にあなたの知らないところで動作しているのです。
時々、訳もなくパソコンの動きが遅くなっているとしたら、そのような動きがあるかもしれません