ノロウィルス検査

つま、ノロウィルスの検査をしようとすると、かなり高額な費用がかかってくるのです。
保険適用外なので、ノロウィルスの検査はどうしても高くなり、このことは何とかしなければなりません。
基本的にノロウィルスにはまだ特効薬がないので、検査そのものには、あまり意味がないかもしれません。
検査といってもノロウィルスの場合、色々な方法があり、それには電子顕微鏡法やRT-PCR法、リアルタイムPCR法など多彩です。
リアルタイムPCR法というノロウィルスの検査は、ウイルスを数量で表して、判定していく検査法になります。
しかし、いずれにせよ、ノロウィルスの検査には保険が適用されないので、費用面で非常にしんどいです。
それでも、直径30ナノメーターというノロウィルスの正体は、検査でないとしっかりと突きとめることができまぜん。

ノロウィルスの正体は極小の病原体で、感染すれば、命を落とすケースも稀にあるので、見過ごすわけにはいきません。
症状としては、ノロウィルスの場合、胃腸炎を引き起こすのが特徴ですが、細菌は培養して増殖できないので、保健所では検査できないわけです。
個人でのノロウィルスの検査の場合、医療機関での申し出が必要になりますが、この場合、保険適用外になって2~3万円もかかります。