ノロウィルスの薬

ただ、ノロウィルスで使用する薬については、ウィルスをかえって体内にとどめることになるので用いるべきでないとする意見もあります。
つまり、対症療法的な治療がノロウィルスでは行われ、薬としては、下痢止めが処方されます。
ただ、ノロウィルスの場合、死因の1つに重症下痢に起因する症例が見受けられるので、薬の使用は難しいところです。
まずノロウィルスに感染した時は、薬に頼るのではなく、水分補給をしっかり摂ることが大事です。

ノロウィルスは、現在、有効な抗ウィルス薬はないので、ある程度は自力で治す必要があります。
下痢がひどい場合は、ノロウィルスの場合、水分損失を防止するため、輸液などによる処置を病院ではとることがあります。
このことから、ノロウィルスに感染しても、よほどのことがない限りは、下痢止めなどの薬は服用しないほうがいいでしょう。
厚生労働省も下痢止めの薬の使用はノロウィルスにはよくないと指摘しています。
一度にたくさんの水を飲んでしまうと余計に嘔吐しやすくなるので、ノロウィルスで水分補給する時は注意が必要です。
できるだけ薬には頼らず、ノロウィルスの治療は、水分と栄養の補給を重視することです