ノロウィルスの症状

良く出るノロウィルスの症状としては、嘔吐と下痢、そして発熱が主になりますが、お腹の風邪と言われている程度で終わるのが通例です。
ただ、免疫力の低い老人や子供などがノロウィルスにかかった場合は、長引くことがあるので要注意です。
気になるノロウィルスの症状ですが、嘔吐、下痢などが起こり、厳しい脱水症状が現れます。
ただ、中にはノロウィルスに感染しても、あまり症状が出ない人もいて、風邪のような症状で終わる人もいます。
ただ、症状に関してはノロウィルスの場合、非常に個人差が激しく、酷い人は、激しい吐き気や嘔吐が続きます。

ノロウィルスの症状は、下痢、腹痛、悪寒、そして、38℃程度の発熱が出るというのが特徴です。
ノロウィルスは、小児から成人まで、幅広い年齢層に感染するので、感染予防に努めなければなりません。
胃もたれを感じるという症状もノロウィルスの特有のもので、こうした症状は、普通1~2日で大体治癒します。

ノロウィルスにかかると、一般的な症状は、嘔吐、下痢、腹痛を伴う程度ですが、酷い場合は熱もでます。
中には、ノロウィルスに感染しても、全く発症しないまま終わる人もいて、免疫力の差で大きく変わってくるようです。